今度こそ倒産、さらば三菱自動車! - 辛口クルマ批評

俺様の動画チャンネルはこちら!→「karakuchikei」



今度こそ倒産、さらば三菱自動車!

 すでに皆さんご存知のことと思うが、
あの三菱がまたやらかした。

今度は 燃費不正 だ。

 詳細は後述するが、
今度こそ倒産 だと
俺様は思っている。


 以前、相次ぐリコール隠し問題で
大きく信頼を失った三菱自動車は、
倒産寸前に追い込まれた時期もあったが、
そこは名門「三菱グループ」。
グループ各社の強力な支援により、
何とか倒産を免れた。

 世間がどう見てるかは知らないが、
俺様個人としては、
その後の三菱は車種を絞り込んだりして、
以前にも増して弱小感の漂うメーカーに
なったものの、地道に少しずつ信頼を
回復させつつあり、
今もまだその道の半ばだったと思う。

 そんな状況下の三菱自動車だけに、
今回の不祥事はかなり痛い。

「これでまた『ふりだし』に戻った」

と言って間違いないだろう。

 いや、ふりだしどころか、

「またか!」

という裏切り行為だけに、
以前よりマイナスになったかもしれない





三菱自動車が倒産すると思うワケ


 しかし、
なんだかんだ言っても
天下の三菱グループ様だ。

「さすがに倒産することはないだろう」

と思っている人も多いだろうと思う。


 でも俺様は、

三菱自動車は今度こそ倒産する

と思っている。

 その理由を以下に説明させて頂く。


理由その1:補償の範囲がデカい


 まず、燃費性能を不正に表示していたことで、
エコカー減税の追加納税分の負担が生じる。

 三菱のクルマは燃費性能が悪く、
今回おこなった不正によって
かろうじてエコカー減税の軽減基準を
クリアしたクルマがほとんど
だという。

 そのため、不正による燃費性能の
水増し分をを差し引くと、
ほとんどの車種で基準をクリアできず、
エコカー減税の追加納税分だけでも
100億円を超える可能性があるらしい。
(ソース)
http://mainichi.jp/articles/20160423/ddm/002/020/064000c


 さらには、
燃費性能を信じて購入した顧客に対し、
余分にかかったガソリン代の補償
というのも検討されているようだ。

 そうは言っても、燃費なんて
乗り方によっても変わるものだし、
ガソリン代をどういった基準で補償するのか、
具体的な補償内容の決定は難しそうだ。

 仮に補償するとなれば
それはそれで相当な金額になるはずで、
上記ソースの記事では
「数百億円規模になる見通し」
とのことだ。


 いや、
ガソリン代の補償だけで済めば
まだマシなほうかもしれない。

 今回の燃費不正の影響で、
中古車市場での相場下落は
避けられないと予想されるだけに、
最悪の場合、車両の買い取り
要求されてもおかしくない。


理由その2:日産への補償と関係悪化


 ご存知かとは思うが、
三菱は日産に軽自動車を供給している。

 日産で言うところの
「デイズ」、「デイズルークス」がそれだ。

 これが燃費不正の対象車だったため、
日産はこれらの軽自動車の販売を停止。
販売店からはカタログも展示車も
撤去されている状況
だ。

 こうなると、
当然ながら日産に対する
補償も必要となってくる。

 そして今後を考えたとき、
日産が再び三菱から軽自動車の
供給を受けるとは考えにくい。

 協業の見直しはもちろんのこと、
解消に発展する可能性もある。
(ソース)
http://www.sankei.com/economy/news/160422/ecn1604220004-n1.html

 もし解消となった場合、
三菱は日産ディーラーという
強力な販売網を失う
ことになる。

 ただでさえ信用失墜で
今後の販売苦戦は必至なのに、
販売網まで減ってしまうとなれば
泣きっ面に蜂である。


理由その3:顧客も販売店も怒り心頭!


 販売店に言っても仕方がないとはいえ、
すでに顧客からは販売店に苦情も寄せられており、
共に信頼回復に向けて頑張ってきた販売店も
メーカーに対して憤っている。
(ソース)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20160421-OYT1T50056.html


 まぁそりゃそうだろう。

 販売店にしてみれば、
詐欺商品を詐欺商品とは知らずに
一生懸命売っていたのだから、
犯罪の片棒を担がされたようなものだ。

 度重なるリコール隠しで失った信用を
ようやく少しずつ回復しつつあったのに、
そのコツコツと積み上げてきた石を
一瞬にして崩されたのだから、
その怒りは、もう怒りを通り越して
「失望」へと変わっているかもしれない。

 もし倒産させずに再建を試みる場合、
販売店の協力は必要不可欠なわけだが、
こんなことをしていて再びモチベーションを
上げろと言われても、もう無理だろう。

 それに顧客だって、
よほどの「ドM」でない限り
こんな体質の企業の怪しいクルマを
わざわざ選ばないだろう。


 補償で金が出て行くばかりで、
今後の収入が超激減するのは
目に見えている。

 収入が増えなければ、
従業員の給料も増やせない。

 まさにドロ舟だ。

 「ここが辞め時」
とばかりに、会社を去る社員も
かなり出てくるのではないだろうか?

 残念ながら、
ドロ舟にしがみつく社員より、
辞めていく社員の方が優秀だったりする。

 全体のモチベーションは下がり、
優秀な社員もどっかに行った。
というようなことになれば、
もはや競争力を維持することは難しいだろう。


理由その4:ランエボは消滅、パジェロは凍結


 三菱車と言えば、俺様世代では
「ランエボ」「パジェロ」
三菱を代表する巨頭だった。

 しかし、
ランエボはすでに最終モデルがリリースされ、
終焉を迎えている。
(参考)
ランエボ ファイナルエディション初公開!予約も開始

 パジェロも現在、開発は凍結の状態だ。
(参考)
三菱パジェロ、開発は中止ではなく「凍結」


 弱小メーカーなら弱小らしく、
少ない車種数でも強烈な個性を持つモデルで
顧客を引きつける必要があるが、
今やそれも失っている状態なのだ。

 クルマの突出した性能・個性に惚れ込み、

 「燃費がどうした!
  そんなもんどうでもええぞ!」

と言って選んでもらえるような車種は、
今の三菱には無いのだ。

 そんな状況下での燃費不正。

 こんな状況になってしまっては、
新型パジェロの開発を加速させようにも
開発資金も捻出できないだろう。

 まさに八方塞がりだ。

 今後の再建が容易でないことは、
言うまでもなく想像にたやすい。


理由その5:「救う価値」が無い


 以上で述べてきた通り、
「またしても」の不正行為により
一夜にして信用はドン底の状態であり、
もし支援を受けて会社を存続させたとしても、
今後の信用回復への道のりは
これまで以上に厳しいものになることは明白



 そもそも、
過去にあれだけ痛い思いをして
企業体質の改善に努めてきたのに、
いまだこんな状況ということで、
「もはや改善は不可能ではないか」
と言われても仕方のない状況。


 それに、仮に存続させるのであれば、
不正をしなくても他社と互角か、
あるいはそれ以上のレベルの
競争力がなければ、
結局は復活することもできない。

 今の三菱自動車に、
それだけの技術力はあるのだろうか?


 仮に「ある」としても、
不正なしで燃費性能を良くするには
それなりのコストがかかるだろうから、
それは利益率の低下に直結する話だ。

 不正によって5~10%も燃費性能が
水増しされていた
そうであるから、
不正なしで純粋に改善しようとすると
かなり厳しい話であることは間違いない。

 もちろん、
そんな燃費性能を実現する技術力など、
現時点では「無い」のかもしれない。


 目玉の超売れ筋商品があるわけでもなく、
現時点でも他社と比べれば完全に負け組なのに、
この状況からさらに状況が悪化するとなると
勝算など微塵も見い出せない。

 それどころか、
ここまで消費者と販売店を裏切り続けた会社が、
再び信用を取り戻せる日が来るのかどうか

それすらビミョーである。

 実際、今回の不正を受けて、
「もう完全に見放した」
という声も聞かれる。
少なくとも、
俺様は完全に見放した。

 はたしてこんな会社を、
大金投じて救う価値があるだろうか?

 まぁ普通に考えて、
答えは「無い」、だろう。


 以上の理由により、俺様は、

三菱自動車は今度こそ倒産する

と思うわけだ。


淘汰されるべき時が来た


 なにしろ古い体質の三菱グループ。
グループの意地とプライドをかけて、
この期に及んでもまだ倒産せずに
三菱自動車は存続するかもしれない。

 でも、倒産しなければおかしい、
倒産しなければならない会社であることは、
今回の件ではっきりしたと思う。


 競争は勝者と敗者を生む。


 今のクルマ業界を勝者と敗者に分けれるとすれば、
トヨタだけが勝者で、あとは敗者だろう。

 しかし、
敗者のメーカーも、まだまだ戦える敗者だ。

 スバルなどはアメリカで売れすぎて、
生産が追いつかないぐらいだし、
マツダはスカイアクティブで復活し、
特にクリーンディーゼルでは
突出した最強の存在となった。

 スズキやダイハツは軽・小型車に特化し、
その筋での存在感はもはや不動。
特にスズキは新型アルトやイグニスなど、
注目度の高い新型車のリリースで
盛り上がっている。


 敗者は敗者なりの戦い方で、
トヨタには無い魅力で
勝負をしているのだ。

 そういう意味では
敗者と呼ぶのは失礼であり、

「あくまでも戦いの半ば、
 まだ負けたわけではない!」

といったところかもしれない。


 しかし、三菱自動車だけは違う

 完全に「敗者」になった、
俺様はそう思う。


 今年の2月におこなわれた会見では、
今後SUVラインナップの強化や電動化への注力など、
社長の口から新型車の投入計画が語られていたが、
今回の問題でそれらも展望が見えなくなった。


 いま、クルマはその動力の構成において
激動の時代に突入しており、
ダウンサイジングターボ、クリーンディーゼル、
ハイブリッド、プラグインハイブリッド、
EV、燃料電池車などなど、
さまざまな動力が混在し開発競争が激化。

 開発には莫大な資金も必要で、
お金や人など、開発リソースを
どこに集中させていくかという点も
今後の競争において重要な決断だ。


 しかし、自らの不正により、
再び窮地に追い込まれた三菱自動車。

 今回の不正による補償などで
多額の出費が避けられないため、
開発にかけられるリソースも
他社に比べて少なくならざるを得ず、
競争力のある新型車を開発できるかどうかすら
そもそも怪しい

 
 もし仮に、お金も人もかけて
頑張って新型車を開発したとしても、
信用失墜のため恐らくほぼ売れないだろう



 というわけで、
ついに完全に敗者となった三菱自動車。

 いよいよ「淘汰」されるべき時が来た、
そういうことなのだろう。
潔く消えてもらいたい。

 しかし、

「消え方」もまた重要だ。

 ここは1つ、
「消え方」でもって、
三菱としての最後の意地を見せてもらいたい。
消費者に対する最大限の誠意という形で。

【関連記事】
 三菱車、補償はどうなる?過去オーナーは?




************************
30代以上のサラリーマンの方へ。
俺様は動き出しました。あなたもそろそろ。(-_-)
 → クルマが好きだから、そろそろ人生の軌道修正
************************

★目次リンク
  → 試乗記の目次


コメント
非公開コメント

またこんな事になってしまって残念です

燃費を気にする人はトヨタを買うので
燃費を良くみせて仕方ないのにと思いましたね

確かに保証問題で三菱は倒産してしまいそうですよね
私個人としては、これからも三菱車に乗っていきたいので困ってしまいますが

2016-04-25 06:31 | from 通りすがりの者

Re: タイトルなし

辛口系男子(管理人)です。

> またこんな事になってしまって残念です

 まったくですね。
顧客や販売店が気の毒なのは言うまでもないですが、
信頼回復のために真面目に頑張ってきた
多くの従業員がかわいそうでなりません。

 顧客や販売店の怒りは当然として、
実は今回の件で一番怒ってるのは、
三菱自動車で真面目に働いてきた社員の方々
なのかもしれません。


> 燃費を気にする人はトヨタを買うので
> 燃費を良くみせて仕方ないのにと思いましたね

 燃費を良く見せたいと思うのは
どのメーカーも思うことですが、
そのための手段として「不正」を
おこなうことはあってはなりません。

 なので、今回の件では
どう甘く見ても「仕方ない」とは
ならないですね。

 当時の部長の口頭による指示で
不正がおこなわれたようですが、
その明らかなコンプライアンス違反に対し
「ノー」と言えない社内風土、
そして、その不正がいとも簡単に後任に
継承されてしまうという自浄能力の無さ、
もはや存続することが許されない企業
だと思います。


> 確かに保証問題で
> 三菱は倒産してしまいそうですよね

 そうですね。
今回は本当にヤバいと思います。

 ってゆーか、
過去の2度のリコール隠しに続き
またこんな不正をしたにもかかわらず、
人命を預ける「クルマ」という製品を
作り続けることが許されるとしたら、
もう何でもアリの世の中だと思いますし、
何より「日本」という国そのものの信用に
関わる話だと思います。

 何が何でも、
今度こそ倒産させるべき、です。


> 私個人としては、
> これからも三菱車に乗っていきたいので
> 困ってしまいますが

 こういった根強いファンもいるのだから、
見せかけの燃費なんかで勝負しようとせず、
燃費ではない部分で個性や強みを出して
勝負してほしかったですね。

 本当に残念です。(-_-)

2016-04-25 15:21 | from 辛口系男子(管理人) | Edit

三菱終了?

うちの近所の三菱ディーラーはこの不正の少し前から展示スペースの一番目立つ場所にジープラングラーとBMW MINIを展示してました。

ちなみに私が昔、三菱車でお世話になってた店舗は既にスズキディーラーになってま
す。

三菱グループが自工を守ろうとしても早かれ遅かれほとんどの三菱ディーラーは別のメーカーのディーラーになって国内販売は壊滅してしまうでしょうね。

2016-04-26 20:21 | from アクセラユーザー

Re: 三菱終了?

辛口系男子(管理人)です。

> うちの近所の三菱ディーラーは
> この不正の少し前から展示スペースの
> 一番目立つ場所にジープラングラーと
> BMW MINIを展示してました。

 三菱を見限って他のクルマを売るとしても、
もう少しコンセプトのわかりやすい
店にしてもらいたいですね。(^_^;


> ちなみに私が昔、
> 三菱車でお世話になってた店舗は
> 既にスズキディーラーになってます。

 それは正解な転換でしたね。
最近のスズキ、いい感じだと思います。


> 三菱グループが自工を守ろうとしても
> 早かれ遅かれほとんどの三菱ディーラーは
> 別のメーカーのディーラーになって
> 国内販売は壊滅してしまうでしょうね。

 あれだけ裏切られたら、
もうアホらしくてやってられんでしょう。
守っても競争に勝てないので、
どっちみち淘汰されることになります。

 株持ってる人は、
機を見てなるべく早めに
売り抜けた方がいいでしょうね。(^^;

2016-04-26 21:04 | from 辛口系男子(管理人) | Edit

巨額脱税を先導したんだから、証人喚問無かったら政府も疑う

2016-04-28 20:06 | from

ああ

私も潰れそうだなと思い、このブログ記事にたどり着きました。

しかし、理屈がおかしいのでコメントします。

「敗者」だから潰れるべきなのではなく、潰れた者が敗者です。

つまり、グループに助けられたりなどの理由で乗り切った場合は、相変わらず「勝者」ですね。コネやしがらみも社会の生存競争では重要な能力ですから。

2016-05-02 19:44 | from 通りすがり

更には・・・

おっしゃる通り最近では技術革新なども進み、動力の開発の激動化だけではなくここに自動運転開発まで加わって来ています。各メーカーがトルクコントロール、カメラやミリ波レーダーによる自動ブレーキシステム、カメラやセンサーによる車線変更の際の横からのクルマを感知するシステム、国内ではまだ認められておりませんが海外ではハンドルアシストなど先進安全設備と言われる自動運転に繋がる技術を各メーカーがこぞって出して競い合っているのが現状です。
果たしてこれらの研究開発を体力のなくなったメーカーがどこまでできるのか?開発そのものができるのか?
残念ながら三菱で先進安全設備においても個性を打ち出せているとは思えません。
他社から提供を受けるにしても、それだけでは結局は売り出すための戦略はまともにできずジリ貧になるなんてことも。
一つの時代が終わったとしてグループも支援を諦め安らかに眠らせてあげる時が来たのではないでしょうか

2016-05-03 16:02 | from MRX | Edit

No title

倒産するはずがない。もっと現実みた方がいいですよ。

2016-05-20 23:44 | from -

Re: No title

辛口系男子(管理人)です。

> 倒産するはずがない。
> もっと現実みた方がいいですよ。

 日産が救済したので、
倒産は免れましたね。
この展開は俺様も読めてませんでした。

 でも、三菱グループは救済するほど
余裕も無かったし、たとえ救済しても
「三菱」同士の助け合いでは
信頼回復はもはや極めて困難な
状況だっただけに、
日産が買ってなければ
リアルに潰れてたと思います。

2016-05-21 09:29 | from 辛口系男子(管理人) | Edit

No title

ネットに落ちてる情報の切り貼りと、根拠のない私見による勝手な予想をばらまいて。。
その予想が外れても、放ったらかしですか?
チラシの裏にでも書いててください。

2016-05-24 18:06 | from -

No title

理由のほとんど外れてません?
結果、再販してまあまあ売れてるみたいだし、日産(というかルノー)が面倒見ることになったし。

2016-07-31 23:17 | from 通りすがり | Edit

Re: No title

辛口系男子(管理人)です。

> 理由のほとんど外れてません?

 ってゆーか、
倒産を免れた時点で
すべてが外れ同然ですね。(^o^)


> 結果、再販してまあまあ売れてるみたいだし、
> 日産(というかルノー)が面倒見ることになったし。

 あのタイミングで日産のゴーンが
救いの手を差し伸べるというのは
まったく考えに無かったです。(^^;
さすが、実績をあげてきたプロ経営者
だけのことはありますね。
決断のスピードと大胆さが別格です。


 まぁでも、だからと言って、
俺様の予想が丸っきり完全な外れか
と言えば、表向きの実状はともかく、
実質的にはそう外れではないという
気持ちではいます。

 というのも、この状況では、
俺様の中では「三菱自動車は潰れた」も同然、
という印象だからです。


 再販してそこそこ売れてるのかどうだか
知りませんが、「三菱自動車」の信頼で
売れてるわけではないでしょうし。

 今では三菱自動車の動きには
「日産」が関わっているため、
日産の信頼で売ってる部分もあるでしょう。

 それに、
軽自動車が下支えとして売れることは
重要かもしれないですが、
軽では利益率が低いため、
企業として今後も他社と勝負しながら
存続していけるだけの利益をあげるには、
他の利益率のいい車種が売れないと
話にならない。

 でも、「三菱自動車」単独では、
下支えになるほど軽を売ることもままならず、
それどころか、ただでさえ利益率の低い軽を
さらに大幅値引きしないと買ってもらえない。

 ましてやその他の車種を売っていくなど、
まず無理なほどに信頼を失ってしまった。

 日産が救いの手を差し伸べたように、
いずれにしても同業他社の支援なしでは
存続していくことはできなかったでしょう。
遅かれ早かれ、倒産に向かっていたはずです。

 そういう意味では、三菱自動車の
現在の状況は、まさに白旗、完全敗北状態。

 「三菱自動車ブランド」としては
潰れたも同然だと、俺様は思っています。

2016-08-01 00:05 | from 辛口系男子(管理人) | Edit

トラックバック

http://karakuchikei.blog.fc2.com/tb.php/101-d13a9c5d