【試乗記】 スバル レヴォーグ 1.6GT-S EyeSight - 辛口クルマ批評

俺様のYouTubeチャンネル、
karakuchikeiはこちら!→



【試乗記】 スバル レヴォーグ 1.6GT-S EyeSight

LEVORG_2R0GT-S_EyeSight.jpg
 レヴォーグ(VM4) メンテナンス DVD 外装編&内装編

試乗車の概要


車名レヴォーグ
グレード1.6GT-S EyeSight
駆動方式AWD
トランスミッションCVT
型式DBA-VM4
排気量1.6リッター(ターボ)
最高出力170ps/4800-5600rpm
最大トルク25.5kgf・m/1800-4800rpm
車両重量1550kg
車両本体価格305万6400円(税込)
試乗日2014年6月14日

スバル・レヴォーグのすべて

価格:540円
(2016/8/26 19:02時点)


 2014年6月20日発売予定のスバルの新型車、
レヴォーグに試乗した。
以下に、率直なインプレッションを述べる。

 なお、「2.0GT-S EyeSight」には試乗済みのため、
各評価項目については差分についてのみ言及する。

●関連記事
スバル レヴォーグ モデルチェンジ情報
リプロ後のレヴォーグに再試乗してきました!
【試乗記】 スバル レヴォーグ 2.0GT-S EyeSight
【エクステリア編】 スバル レヴォーグ (2014年モデル)
【インテリア編】 スバル レヴォーグ (2014年モデル)
【デザイン総括】 スバル レヴォーグ (2014年モデル)





試乗インプレッション


【注意!】当ブログの試乗記の見方について

動力性能・・・★★★☆☆


 まず発進に関しては、やはり反応がちょっと
過敏気味だ。少しアクセルを踏んだだけでも
回転数がクイッ!と上がる。
ただ、先に試乗した「2.0GT-S EyeSight(以降 2.0)」
と比べると動力性能がかなり落ちるせいか、
飛び出し感は多少マシな感じではある。
そのへんは、動力性能の低さが逆に良いほうに
作用した結果なのかもしれない。


 発進後の加速や、中速域からの加速に関しても、
やはり2.0と同様リニア感に欠けるという印象。
しかも、その感触が「まだら」な感じがして、
そこが特に俺様としては気に食わなかった。

 どういうことかと言うと、2.0に試乗した時は、
2千回転を境にして、トルクの感じ方がはっきりと
変わる感じだったのだが、今回の1.6の場合、
トルク感の感じ方が特定の回転数を境に変わる
というのではなく、トルクを感じられる時と
トルクを感じない時の状況が「まだら」なのだ。

 なので、アクセルを踏み込んで同じ回転数まで
エンジンを回しても、同じ平地を走っているにも
かかわらずイメージ通りにトルクが発生する時と
しない時があって、試乗中、チョイチョイ
「あれっ?」(回転数だけが上がってトルクが
伴わない)と思うことがたびたびあった。


 総じて簡単に言うと、1.6のほうが、2.0よりも
「CVTっぽさ」が顕著、という感じだ。

 帰ってからカタログを調べてみたところ、
どうやら2.0と1.6では、トランスミッションが
違うらしい。
2.0には「スポーツリニアトロニック」、
1.6には「リニアトロニック」という
トランスミッションが採用されているようだ。

 何が違うのかわからないが、とにかく、
名前には「リニア」と付いているが、
俺様に言わせればちっともリニアではない。
よくこんなあつかましい名前を付けたものだと思う。

 とにかく、2.0はまだクセがわかりやすかったので
許容できるレベルだが、1.6に関しては挙動のクセを
つかむのが難しく、これはちょっとどうかと思う。


 と、平地ですでにそんな挙動なので、
不安たっぷりにいつもの急坂での加速を試してみた。

 これが意外にも力強い。確かに2.0と比べると
余分にエンジンを回してやらないとダメだが、
急坂でも充分に力強く加速体勢に入ることができた。

 具体的には、2.0では2千回転チョイまで回せば
充分だったのだが、今回の1.6では3千回転近くまで
回してやることによって、2.0で感じたような
加速感を得ることができた、そんな感じ。
まぁ充分速く走れるだけの性能は持ってますよ。


 あと、「S」モードも試してみたのだが、
これが2.0の時に感じたのと同様、
非常によくしつけられていて、いい感じだった。

 やはり千回転台の後半あたりでスタンバって
くれるのだが、大袈裟な音を立てるでもなく、
常時使用しても不快にならないレベルだ。

 それに、踏み込んでから加速力が発生するまでの
タイムラグも短くなるので、積極的に使って
楽しみたくなる装備と言っていい。

 使い物にならない(使いたくならない)ような
スポーツモードばっかり装備してる他社は、
ぜひこれを見習ってほしい。


 というわけで、動力性能的には合格点なのだが、
あのリニア感の無さというか「まだら」感は、
フィーリングを重視している俺様としてはNGだ。(-_-)


乗り心地・・・★★★★☆


 ほぼ「2.0GT-S EyeSight」と同様の印象。
営業マンに聞くと、今回の1.6でもダンパーは
ビルシュタインだしタイヤの銘柄も同じだけど、
セッティングは多少変えてある、みたいな事を
言っていたが、体感できるような差は無かった。


居住性・・・★★★★☆


 「2.0GT-S EyeSight」と同様。


静粛性・・・★★★☆☆


 アクセルの踏み始めの反応が過敏気味なので、
特に発進の時にはムダな回転上昇の音を聞くことに
なるのだが、まぁがさつな感じではないし、
エンジンそのものの静粛性は高いと思う。

 ただ、2.0の時と比べると、ちょっとエンジン音が
乾いた軽い音っぽいかな、という気がした。

 まぁ2.0のエンジンもサクサク回る感じなので
「しっとりした音」とまでは言えなかったが、
もうちょっと滑らか感があったように思う。
それから考えると、1.6のエンジン音は、
少し音質的に劣る感じがした。

 また、加速時に回転数を上げたときの音も、
やはりなぜか2.0と比べると軽めの音に感じた。
音量的には抑えられていて静かなのだが。

 というわけで、同じテクノロジーを使った
ターボエンジンなので、まったく同じ音がするのかと
思いきや、そこは少し違いがあるように俺様は感じた。

 まぁ、そのへん感じないか、営業マンに
聞いてみたけど首をかしげてたので、
こんなことを書いたらまた、

  「お前の耳がおかしい!」

とか言われるのかもしれないが。(^o^)

 でもなんかやっぱり、排気量が小さくなると
少し音が軽くなる傾向って、これに限らず
どのメーカー、車種でも多少あるように思う。
(その傾向を感じないエンジンもあるけどね)


 そして、2.0の時に指摘した「高音ロードノイズ」
に関しては、やはり1.6でもその傾向が感じられた。

 でも、覚悟していたせいか、2.0に乗った時ほどの
驚きというか、インパクトは無かったので、
2.0よりはマシなように感じた。

 変わるはずないんだけどね、
2.0とはタイヤサイズも銘柄も同じだし。
でもなぜか2.0よりはマシに聞こえた。実に不思議だ。
2.0の時は「ハッ!?」と驚くぐらいのレベルで
聞こえただけにね。

 まぁそのへんは、購入検討時にレヴォーグが
最終選考に勝ち残ったら、あらためて再チェック
してみたいと思う。


内装質感・・・★★★★☆


 基本的には「2.0GT-S EyeSight」と
ほぼ同じなのだが、シートだけが違う。

 まぁあまり上等な素材のシートではないが、
内装の質感を大きく損なうほどヒドくはない。
なので、まぁかろうじて4つ★は与えていいだろう。


装備・・・★★★☆☆


 2.0と比べると、AWDのシステムが違ったり
SI-DRIVEが2モードだけになるなど、
多少の装備の違いはあるものの、
主要装備はまったく変わらない。

 なので、3つ★という評価に変わりはない。

 が!
本日、装備に関して驚くべき事実が判明したので、
ここに覚書として記させて頂く。


 今日乗った試乗車には、ディーラーオプションの
「パナソニック ビルトインSDナビ」が装備されて
いたのだが、なんと!オーディオ操作用の
ステアリングスイッチが無い!! (*o*)

 マジかこれ!?
何かの手違い・間違いで、取り付けを
忘れているのではないかと思って営業マンに
聞いてみたら、なんと!ステアリングスイッチは
別でオプション(14,580円)を追加で選ばないと、
勝手には付かない、とのこと!

 つまり、ビルトインのナビ(オーディオ)を
オプションで付けただけでは、ステアリングスイッチで
オーディオの操作ができないという、
何ともマヌケな状態になってしまうのだ!

 これはカルチャーショックというか、実に驚きだ。
スバルはどの車種もそうなんだろうか?

 外付けの変なナビならともかく、普通、純正の
ビルトインナビのオプションを付けたら、
ステアリングスイッチもセットで付くのが
当り前だと思っていたが、とりあえずレヴォーグは
そうではないらしい。これは要注意だ。


カーステ音質・・・★★☆☆☆


 先にも書いたが、試乗車には純正オプションの
「パナソニック ビルトインSDナビ」が
装備されていたので、そのオーディオの音質を
いつもの音質チェック用CDを使ってチェックしてみた。

 第一印象、「変な音。。。」。
良く言えば「斬新」、なのだが。(^_^;

 なんかね、音像がボヤけてるというか、
各パートの音の音像定位がバラけていて、
臨場感も無ければサラウンド感もグチャグチャ。

 とにかく、どこで音が鳴ってるのかが全体的に
ボヤけていて、聴いていて気持ちが悪いのだ。

 そして、高音もあんま伸びないし、
低音も軽く、全体的に安っぽい音だ。

 「これ、どっか設定イジってるかも」と思い、
設定を確認してみたが、バランスもイコライザも
すべての設定がデフォルトの状態だった。


 まぁでも、音像がボヤけているのは裏を返せば
設定しだいでそこをはっきりさせられる可能性を
秘めているとも言えるので、まぁ2つ★はあげても
いいだろう。うまく設定すれば3つ★ぐらいには
なるかもしれない。


 でも、オプションでダイヤトーンスピーカーとか
ダイヤトーンサウンドナビとかがあるので、
できれば無難にそちらを選びたいところだ。


総評・・・★★★☆☆


 正直、お金のことを考えないのなら2.0のほうを
買ったほうがいいだろう。

 でも、「お買い得感」という点では、
非常に悩ましいものがある。

 なぜなら、挙動のリニア感にこだわらなければ、
動力性能的には充分な力強さを持っているし、
ハイオク仕様の2.0に対して1.6はレギュラー仕様。
取得税や重量税も、1.6は免税ということも考えると、
車両の価格差である約50万円以上の差額がある
と言えるわけで、価格面での魅力は大きい。

 一般的には、俺様が気にするようなリニア感とか、
微妙な音の違いとか、そんなことのために
50万円以上の差額を喜んで払うという人は
ほぼいないと思うので、商品力という点では、
1.6は2.0よりも強力なのではないかと思う。


 しかし、残念ながら俺様は、
「フィーリング」には非常にこだわる。
今回の1.6は、正直「乗りたい」と思わせる
レベルには達していなかった。
300万円以上を出すクルマで、
あのリニア感の欠如は許容できない。


 一方、先に試乗した2.0のほうであれば、
そのへんはまだ許容できるレベルだったので、
俺様がレヴォーグを選ぶとしたら、グレードは
「2.0GT-S EyeSight」を選ぶことになるだろう。


 というわけで、今回の「1.6GT-S EyeSight」は、
俺様の乗り換え候補としては力不足だったが、
総合的な商品力を考えると、まぁ3つ★ぐらいは
与えてもいいかな、といったところだ。

●再試乗記事
 リプロ後のレヴォーグに再試乗してきました!


  → レヴォーグ関連商品


新車への買い替えで損しないために、
知っておくべきたった1つの事





************************
30代以上のサラリーマンの方へ。
俺様は動き出しました。あなたもそろそろ。(-_-)
 → クルマが好きだから、そろそろ人生の軌道修正
************************

★目次リンク
  → 試乗記の目次


コメント
非公開コメント

Re: No title

辛口系男子(管理人)です。

> レヴォーグ・・気になる車ですよね~
> 特にSTIに関しては、凄く欲しくなる車です。
> ただ気になるのが・・数点
> まずは、スバルの車のアプローチアングルの値ですよ!
> インプレッサなどは、地下駐車場や坂などで
> フロントを、よく擦っているようです。

 STI Sportだと
フロントアンダースポイラーが付いてるので、
そこは余計に気になるところですねぇ。(-_-;


> 前のタイヤからバンパーまでが長いので、
> 前へつんのめる様になってしまうんですよね~

 いわゆる、
フロントオーバーハングが長い、
というやつですよね。

 確かにそこはレヴォーグのデザインにおける
欠点の1つだと思います。


> フロントガラスなどに飛び石を受ければ、
> アイサイトの関係でフロントガラス交換料が
> 20万円位になってしまうそうです。

 フロントガラスへの飛び石は、
俺様も食らったことはありますが
修理が必要になるほど強烈な飛び石は
受けたことがないので、
そこはあまり心配してないですけどね。

 高速道路での移動が多い人や、
近所をやたら砂利を積んだトラックが
頻繁に行き交ってる地域などでは、
危険性が高いかもしれませんが。(^^;


> 最後が・・CVTですよ!
> エンジンをトルコンやダブルクラッチの様に
> 引っ張ることができにくく・・
> ん~スポーツマインドな走りができるのか?

 レヴォーグのCVTはよく出来てますよ。
不自然な空回り感も無いですし、
CVTなのにシーケンシャルのATみたいな
変速の演出もされていて、
スポーツマインドにも配慮されている
CVTだと感じましたので。


> でも~・・ちょ~欲しい車ですよ!
> 近日、試乗に行こうかと・・買っちゃおうかな~

 俺様もSTI Sportには
かなり期待しています。(^_^)

2016-07-14 12:18 | from 辛口系男子(管理人) | Edit

No title

レヴォーグ・・気になる車ですよね~
特にSTIに関しては、凄く欲しくなる車です。
ただ気になるのが・・数点
まずは、スバルの車のアプローチアングルの値ですよ!インプレッサなどは、地下駐車場や坂などでフロントを、よく擦っているようです。
最低地上高は、さほど低くはないのですが、前のタイヤからバンパーまでが長いので、前へつんのめる様になってしまうんですよね~・・それは、段差を超える時も同じで後輪が上がると前を擦るんですよね~
おまけに・・車高が低いので、飛び石の危険度が増し、フロントガラスなどに飛び石を受ければ、アイサイトの関係でフロントガラス交換料が20万円位になってしまうそうです。
かといって、フロントに飛び石帽子のフィルムを貼り付けてアイサイトが正確に働くか?(ベンツCは大丈夫でした)

次に、アイサイト・・これは日立製のようですが、バージョン3になって、だいぶ性能が上がったことは聞いていますが、霧や雨などの影響はどうなのか?ベンツCなどは、同じくステレオカメラにレーダーを装備していますが・・あくまでカメラだけというのが、少々不安なところではあります。

最後が・・CVTですよ!エンジンをトルコンやダブルクラッチの様に引っ張ることができにくく・・ん~スポーツマインドな走りができるのか?

でも~・・ちょ~欲しい車ですよ!
近日、試乗に行こうかと・・買っちゃおうかな~

2016-07-14 10:22 | from 風来坊 | Edit

Re: リプロ後の試乗

辛口系男子(管理人)です。

> ぜひ、リプロ後のレヴォーグを
> 試乗した評価をお聞かせ下さい。
> 別物になってます。

 情報ありがとうございます。

 さっそく再試乗したのですが、
残念ながら俺様がダメだと思っていた
レスポンスの悪さやリニア感の無さに、
変わりはありませんでした。

●リプロ後のレヴォーグに再試乗してきました!
http://karakuchikei.blog.fc2.com/blog-entry-54.html

 別物になっていると感じられた方々は、
「リプロで良くなったよ!」と事前に
聞かされたことによるプラシーボ効果で
そう感じてしまったのかもしれませんね。

2015-02-17 22:35 | from 辛口系男子(管理人) | Edit

リプロ後の試乗

ぜひ、リプロ後のレヴォーグを試乗した評価をお聞かせ下さい。別物になってます。

2015-02-17 09:59 | from ハッピービレッジ | Edit

Re: No title

辛口系男子(管理人)です。

 なななしさん、コメントありがとうございます。

> はじめましてこんにちは
> 俺様さんの感想に共感する点も多く、
> いつも楽しく読ませてもらっています

 ありがとうございます。
ところどころ毒がキツいので、
時には楽しく読めない時もあるかとは思いますが。(^o^;


> ターボ車とNA車についての意見をお伺いしたくてコメントしました
> メリットデメリットなどお聞かせください

 レヴォーグに関してはターボしか存在しませんが、
一般論としてのターボ車とNA車についての意見ということであれば、
俺様としては「気にしていない」というのが基本スタンスです。

 つまり、「乗ってみて良ければそれでいい」ので、
動力がNAエンジンだろうがターボだろうが、
ディーゼルだろうがハイブリッドだろうが電気だろうが、
そこにこだわる必要性はない、ということです。

 ただ、現時点でのターボ車とNA車については、
ざっくりと下記のようなデメリットやメリットを
俺様としては感じています。
(あくまでも俺様の個人的な見解です)

【ターボ車】
●メリット
 小排気量でも大排気量並みのパワーやトルクを出せるので、
燃費や自動車税などの維持費を抑えつつ、
満足度の高い動力性能をもったクルマをつくることができる。

 また、最近のターボはむしろNAエンジンよりも低回転域から
大きなトルクを出せるものが多く、日常の街乗りレベルでも
体感的に力強い動力性能を感じられるものが多い。

●デメリット
 今回のレヴォーグにその傾向が感じられる通り、
アクセルワークに対するクルマの反応の
「リニア感」が悪化する傾向がある。
しかし、レヴォーグはともかく、最近の他社のターボ車は、
全体的にリニア感をあまり損なわなくなってきており、
そのデメリットはかなり解消されつつある。


【NA車】
●メリット
 ターボ車とは対称的に、「リニア感」を出しやすい。
が、ショボいクルマはNAでもちっともリニアじゃないので、
「同じ気筒数であればターボエンジンよりもコスト安」
というぐらいのメリットしか出せていないこともしばしば。

 動力性能をあまり求めないのであれば
NAの小排気量でも必要十分だし、
エンジンのコストもターボより抑えられるので、
安価な実用車ではまだしばらくはNAが主流だろう。

●デメリット
 高い動力性能を得ようとすると大排気量になるため、
燃費の悪化や自動車税の高額化など、
維持費の高いクルマになってしまう。

 また、大排気量化に伴って気筒数が増えたりしたら、
それこそエンジンそのものの製造コストが高くなり、
それは結果としてクルマの価格に跳ね返ってくる。


 といった感じです。
俺様が勝手に感じたり思ったりしてることなので、
間違いがあったりするかもしれませんが。(^o^)

 でもまぁとにかく、今はターボのほうが
圧倒的にメリットは大きいと、個人的には思います。

 しかし、ターボでもNAでも、
出来が悪けりゃメリットもクソも無いので、
ターボなのかNAなのかはどうでもよくて、
実際に乗ってみて良いと感じるかどうかが一番重要だと
個人的には思っています。(^_^)

2014-06-15 13:54 | from 辛口系男子(管理人)

No title

はじめましてこんにちは
俺様さんの感想に共感する点も多く、いつも楽しく読ませてもらっています

さて
ターボ車とNA車についての意見をお伺いしたくてコメントしました
メリットデメリットなどお聞かせください

2014-06-15 12:52 | from なななし

Re: タイトルなし

辛口系男子(管理人)です。

 コメントありがとうございます。

> スバルって意外とオプション商法が酷いんですよね。
> エクステリアでいえばシャークフィンアンテナがオプション
> ハロゲンからHIDにするのもオプション、
> 内装では今回のレヴォーグでもそうですが
> ステアリングスイッチもオプション…etc

 そうなんですか。(^o^;
まぁハロゲンからHIDとかはよくある話ですけど、
今時ステアリングスイッチがオプションとはかなり驚きました。

 200万以下のクルマならともかく、
300万以上するクルマで
リヤビューカメラがオプションどころか
ステアリングスイッチまでがオプションなんて、
それはあんまりだろうと思いましたよ。(^o^;

 アイサイトみたいな、いらんモン付けるぐらいやったら、
その前に付けるべきモンが他にあるやろ!
と強く言いたいです。(-_-)


> スバルの客層は車なら何でもいいとかいう客層ではないのだから
>(アイサイトがメインになってからはどうかわかりませんが)

 今は「クルマなら何でもいい」、「走ったら何でもいい」
を通り越して、「自動で止まったら何でもいい」、
「アイサイトってゆーやつください(車名と間違えて)」、
というクサレ連中が増殖している時代ですから、
スバルの客層もだいぶ変わったと思いますよ。
いいか悪いか知りませんがね。(-_-)


> キチンと細部まで拘った車を出してくれよと
> 落胆した記憶があります。

 アイサイトなんかで客が呼べるという実感を
強く感じてしまってますからね。
こだわりどころか、これからはますます
安易な客寄せ商法に走りかねないです。

 わかりにくい、マニアックな細部にこだわってたら、
アイサイトver.4、ver.5の開発に回すカネが
無くなりますからね。(-_-)

 同じカネをかけるなら、アイサイトみたいな、
バカにも見た目にわかりやすい装備にカネをかけたほうが
簡単に売れますからね。


> 売れればいいではなくて一台一台拘って欲しいですね。

 そうですね。
とりあえずスバルには、「アイサイト」のヒットのせいで、
クルマにおけるドライビングプレジャーの本質を
見失ってしまわないことを願っています。
しょーもないモンで売れちゃうと、
変な方法で売ることばっかり考えるようになるので。(-_-)

 変な装備にコストを回すのは、
基本的なところをちゃんと抑えて、
せめてその後にしてもらいたいです。

2014-06-14 21:49 | from 辛口系男子(管理人)

試乗記お疲れ様です。

私も以前新しい車を探している時にスバルXVを検討していましたが、スバルって意外とオプション商法が酷いんですよね。

エクステリアでいえばシャークフィンアンテナがオプションハロゲンからHIDにするのもオプション、内装では今回のレヴォーグでもそうですがステアリングスイッチもオプション…etc

なんか販売の仕方がトヨタAQUA的というかセコいイメージを受けました。
拘らなければいいと言われればそれまでですが、
スバルの客層は車なら何でもいいとかいう客層ではないのだから(アイサイトがメインになってからはどうかわかりませんが)キチンと細部まで拘った車を出してくれよと落胆した記憶があります。

売れればいいではなくて一台一台拘って欲しいですね。

2014-06-14 20:47 | from -

Re: タイトルなし

辛口系男子(管理人)です。

 どらいばーさん、コメントありがとうございます。

> 自分はトルクに関するまだら具合は感じませんでしたが、
> なんか低回転(1000~1500回転くらい)の時にターボが
> きいているのかどうなのかの時に、
> トルクの煩わしさを凄く感じました。
> なんかアクセルレスポンスもしっくりこないですし。

 「まだら」感は、速度域をずらしながら
何度か急加速を試してみるとよくわかるんですが、
アクセルワークに素早く反応してトルクが発生する時と、
回転数だけが上がってトルクの発生がだいぶ遅れる時が
あります。

 要するに、1.6は2.0と比べると、
CVTっぽさ(ってゆーかCVTだけど)が随所で隠しきれてなくて、
どらいばーさんの言う
「アクセルレスポンスもしっくりこない」
というところにつながっているものと推測します。


> ただ、踏み込んだときのパワーは確かに十分でした。

 そうなんですよねぇ、それだけに惜しい。
秘めてるポテンシャルは高いんですよね。

 そのパワー感をもう少し低回転側にムラなく
おすそわけしてくれると、いい感じになるのに。。。
まぁそこまで言ったら無茶を言い過ぎですが。(^^;


> あとは車重がある(アテンザ2.5より100キロ以上重い)
> というのも関係してるのか、日本向けと言うわりには
> キビキビ感も希薄に感じました。

 そうですね、あの加速レスポンスのまだら感では、
キビキビ感を得るのはなかなか難しいと思います。
Sモードを使うとだいぶ改善すると思いますが。
(ただし、引き換えに燃費は改悪しますけどね)


> これならアクセラ2.0のがよっぽどいいなと思いました。

 確かに。(^o^;
回しこんだときのパワー感はレヴォーグ1.6のほうが上ですが、
リニア感はアクセラ圧勝ですし、この内容だったら
価格を考えても、俺もアクセラ2.0を買いますね。


> 300万越えの車としては微妙だと思いました。

 でも内装は良かったです。
アクセラも価格から考えたら内装いいですが、
Sグレードのレヴォーグと比べると内装は負けます。
そういう意味では、ビミョーだけど何気に絶妙な
価格設定なのかもしれませんね。(^^;


> また期待してますー

 今月はメルセデスのGLAにも試乗予定ですし、
また試乗記 読みに来てください。(^_^)

2014-06-14 19:01 | from 辛口系男子(管理人)

こんにちは。
自分もさっき、友達が働いているディーラーにレボーグ1.6試乗車がきたので乗ってきました。
あらかた主さんと感覚は同じですり2Lは乗ってないので、比較はできませんが。。。

自分はトルクに関するまだら具合は感じませんでしたが、なんか低回転(1000~1500回転くらい)の時にターボがきいているのかどうなのかの時に、トルクの煩わしさを凄く感じました。なんかアクセルレスポンスもしっくりこないですし。
ただ、踏み込んだときのパワーは確かに十分でした。
あとは車重がある(アテンザ2.5より100キロ以上重い)というのも関係してるのか、日本向けと言うわりにはキビキビ感も希薄に感じました。
これならアクセラ2.0のがよっぽどいいなと思いました。300万越えの車としては微妙だと思いました。
また期待してますー

2014-06-14 18:04 | from どらいばー

トラックバック

http://karakuchikei.blog.fc2.com/tb.php/11-f357b98e