テスラの事故状況、自動運転ブームへの警鐘 - 辛口クルマ批評

俺様のYouTubeチャンネル、
karakuchikeiはこちら!→



テスラの事故状況、自動運転ブームへの警鐘

 先日アメリカで発生した、
テスラ「モデルS」での
自動運転中の死亡事故。

 その事故状況が徐々に
明らかになってきたようだ。

tesla_jiko1.jpg


 その事故状況から見えてくるのは、
「自動運転」とやらのレベルの低さと、
ドライバーの自動運転への過信、だ。





衝突後も走り続けたテスラ「モデルS」


 直進するテスラ「モデルS」。

 これに対し、
対向車線を走るトレーラーが左折し、
テスラ「モデルS」の走っている車線を
横切る形で進入してきた


 テスラ「モデルS」は
そのトレーラーを認識できず、
進入してきたトレーラーの下に
潜り込むような形で衝突した。

 というのが、
今回の事故の状況だ。


 事故現場の状況を示す航空写真と、
それを図にしたものを以下に示す。


tesla_jiko2.jpg

tesla_jiko3.jpg

(参考)
https://wirelesswire.jp/2016/07/54533/


 驚いたことに、
トレーラーに衝突したテスラ「モデルS」は、
トレーラーの荷台部分の車高が高かったため、
車体上部を吹き飛ばされた状態のまま
数百ヤードも先まで走行を続けた
という。

 2つのフェンスに衝突しても止まらず、
電柱にぶつかってようやく停車したようだ。

 この様子だと、
事故を起こした場所によっては
多くの人を巻き込んだ大惨事に
なっていただろうから、
運転者1名の死亡だけで済んだ今回は
不幸中の幸いと言っていいのかもしれない。


笑わせる、「強い日光で認識できず」


 この事故が報じられた当初、
なぜトレーラーを認識できずに
ぶつかってしまったのか、
という点について、

「強い日光が当たって、
 システムも運転者も
 トレーラーを認識できず、
 ブレーキをかけた形跡はなかった」


などと説明されていた。

(参考)
http://www.nikkei.com/article/DGKKASGM01H8T_R00C16A7FF1000/



 アホではないだろうか?


 もし運転者が、
デカいトレーラーさえも見えないほど
日光が眩しかったのなら、
サンバイザーやサングラスを
利用するなりし、速度を落として
注意しながら運転しただろう。

 事故の状況から考えて、
前すら見ていなかった可能性が高い
と考えるのが普通ではないだろうか?


 笑っちゃうのが、
システムも強い日光のせいで
トレーラーを認識できなかった

などと言っているところだ。

 カメラだけならまだしも、
レーダーも併用して障害物を
検知しているはずのシステムで、
「強い日光で・・・」などという
言い訳が出てくること自体が
そもそもおかしいだろう。

 まったくのド素人が
こういったマヌケな想像を勝手に
語っているなら気にもしないが、
こういった見解がテスラ側から
出てきたことに恐怖すら覚える。


実は「非対応」の事象だった!


 テスラ「モデルS」の自動操縦機能の
開発に関わっているMobileyeは、
今回の事故を受け、
以下のような声明を出している。

「今日の衝突回避技術、
 いわゆるAutomatic Emergency Braking(AEB)、
 緊急時自動ブレーキは、
 後部への追突の回避として定義されており、
 具体的にそのために設計されている。」


「この事故には車両の
 横方向からの進入が関与しており、
 現行世代のAEBシステムは
 それに反応できるように設計されていない。」


(参考)
http://jp.techcrunch.com/2016/07/02/20160701mobileye-tesla/


 そう。

 つまり、
今回のようなシチュエーションには、
そもそも自動運転は対応していなかった。


 なので、

ぶつかって当然だった

のだ。(-_-)


テスラ車オーナーへの警鐘


「自動運転」と銘打って
積極的な販売アピールを
展開してきたテスラだが、
今回の死亡事故の状況はまさに、
現状の「自動運転」のレベルが
一般の公道を走るにはまだまだ
低レベルであることを
再認識させるに充分な事象だろう。

 なんせ、
左折進入してくる車両を
認識できないのだから、
公道では全く使えないレベルだ。


 今回の事故では
テスラ「モデルS」の運転者は
気の毒な結末となったわけだが、
テスラ車オーナー全体への
良い警鐘になった事故だと思う。


 というのも、
テスラ車オーナーが、
自動運転させた状態でハンドルから
手を放したり居眠りをする動画などが
ネット上に多数投稿されており

自動運転システムへの過剰な信頼が
見受けられる現状があるからだ。

 テスラはそういった行為に対し
たびたび警告を発しているが、
自動運転を自慢する動画投稿が
後を絶たないのが現状だ。


「もっと視聴者を驚かせてやろう!」

などと、より危険な状況での
自動運転の無謀使用が広がる前に、
今回のような死亡事故が起きたことは、
より多くの悲惨な事故を
未然に防ぐために必要な
「見せしめ」
だったのかもしれない。

 「人柱」になった運転者には
気の毒な話ではあるのだが・・・。(-_-)


言葉が一人歩きする恐さ


 テスラの自動運転モードは、
あくまでも高速道路上での単純な走行を
想定したものであり、一般の公道における
さまざまなシチュエーションに
対応したものではない。

 しかし、
「自動」という言葉を聞いたとき、
それがどこまでの自動を意味するのか、
その解釈は人によって様々だろう。


 俺様としては、
まだ今のレベルの段階では、
「自動運転」という呼称をつけるのは
時期尚早
だと思う。

 絶対に誤解してシステムを
過信する奴が出てくるからだ。


 今回の死亡事故では、
事故の目撃者が、

「事故直後のモデルSの車内で、
 『ハリー・ポッター』
 が流れていた。」


と証言している。

 もし運転を「自動運転」に任せて、
前も見ずにハリーポッターを
鑑賞していたのだとしたら、
自動運転システムへの過信があった
と言わざるを得ないだろう。


 オーナーの方々には、
今の自動運転は本当の意味での
「自動」と呼ぶにはほど遠い、
まだまだ開発途上のシステム
である
ことを再度認識して頂き、
適切な使用をお願いしたい。

 自分の危険はもちろんのこと、
周りを危険に巻き込むことに
なりかねないのだから。


最短30秒で入力完了!愛車の最高価格が分かる♪



************************
30代以上のサラリーマンの方へ。
俺様は動き出しました。あなたもそろそろ。(-_-)
 → クルマが好きだから、そろそろ人生の軌道修正
************************

★目次リンク
  → 試乗記の目次


コメント
非公開コメント

Re: No title

辛口系男子(管理人)です。

> 自動運転とかいらねー。

 移動だけが目的の人にとっては
目的地に行ければいいだけので、
日常の足としての需要がありますからね。

 個人的には、運転の楽しみがないので
自動運転に魅力は感じませんけど。


 まぁでも、完全に自動おまかせで
目的地に行けるほどの完璧な自動運転は、
まだまだ実現できないでしょうけどね。

 少なくとも車線を見てレーンを認識して
走ってるうちは絶対無理です。
車線の無い道や、
車線が消えかかってる道なんて
そこらじゅうにあるわけですから。


> 追突事故をなくすため
> アイサイトを全車つけるべき!

 アイサイトもVerが上がっていくと、
結局は目指すところの最終ポイントは
自動運転になるんでしょうね。

2016-07-10 10:46 | from 辛口系男子(管理人) | Edit

No title

自動運転とかいらねー。
追突事故をなくすためアイサイトを全車つけるべき!

2016-07-09 15:19 | from フーガ450GT最速

Re: 21世紀の交通戦争の始まり?

辛口系男子(管理人)です。

> 思えばIT化も数々の犠牲や歪みの上に
> 否応なく進みましたが(最近ではwindows10)、
> これからは「黎明期の自動運転車」という
> 新手のポンコツとの戦いが始まるのでしょう。

 ITは直接的に人殺しはしないですが、
クルマは誤作動が即「人命」に直結するので、
もう少し慎重に進歩してもらいたいですね。

 「慎重に」というのは
ゆっくり確実にというのとは少し違って、

「現状の技術の限界をしっかりと
 消費者に伝えること」

を最優先に考えてもらいたい、
ということです。

 今はそこがおろそかになっていて、
あたかも、もう自動運転が今にも
実現しそうだと思わせるような
キャッチーな映像が前面に
押し出されている気がするのです。


 どうしても宣伝は
キャッチーさが求められるし、
派手な演出をしたほうが
注目も集まるし販売促進に
つながりやすいのはわかるんですが。。。


 技術屋さんが常識として
「そんなことできるわけない」
と思っていることでも、
一般の消費者にとってはそれは常識ではなく、
「自動」という言葉に過剰なレベルを
求めてしまうという側面は、
少なからずあるだろうと思うのです。


> 一通りひどい目に遭った後には、
> 我々もきっと涼しい顔で
> 新手のポンコツをスルーできるようになり、
> 自動化社会の恩恵を享受できる時代が
> 来るんじゃないでしょうか。
>
> 何十年先かはわかりませんが。

 進歩の過程にはいつも
犠牲がつきものではありますが、
高齢化社会もますます進むので、
運転手もポンコツ、
クルマもポンコツというのでは、
毎日そこらじゅうで
大惨事になってしまいますね。(^o^;


 できるだけ少ない犠牲で
進歩を遂げられるよう、
メーカーには新機能のアピール以上に、
「新機能では対応できないこと」
についての説明を
徹底しておこなってもらいたいです。

2016-07-06 00:11 | from 辛口系男子(管理人) | Edit

Re: No title

辛口系男子(管理人)です。

> 自動運転だろうがなんだろうが、
> 前見てればどうにでも
> 対応できた事故ですよね。

 と、俺様も思います。
前を見ていてトレーラーを見落とすとか、
いくら日光が・・・といっても
まずあり得ないでしょう。(^o^)

 しかしあの程度の自動運転で、
ろくに前も見ずに運転を任せて
動画撮ったりしてる奴らがいるって、
実に恐ろしいことだと思います。


> 技術のレベルは別として、
> 「自動運転システムが搭載されています」
> って言われても、
> SF映画じゃあるまいし、
> 普通に考えたら100%信用しないと
> 思うんですけどねぇ。

 単純に、想像力の足りない奴が
多すぎるんとちゃいますかね?

 普通に考えて、
一般道で起こり得る危険要素は
高速道路と比べれば非常に多種多様であり、
まだ今の技術では全てに
対応できないことぐらい
容易に想像がつくと思うのですが。。。


> そんなに楽したいのなら
> 運転手でも雇えよって話ですよ。

 たぶんラクをしたいのではなく、
最先端技術で自動走行するクルマに
乗ることに喜びを感じてるんだと
思います。

 だからどうしても
自動運転を試したい。

 でも、普段は
高速道路ばかり走るわけじゃないし、
高速道路だけで使ってねと言われても、
それじゃあせっかくの目玉装備なのに
出番が少なすぎる。

 なので、
えーい!一般道で試しちゃえ!
となる。

 で、試してみたら、
およその状況で、うまく作動する。

 なんだ!イケるジャン!となって、
平気で一般道で使うようになる。

 そして事故る。

 事故までいかないまでも
ヒヤリハットが多数発生する、
ということになるわけですね。(-_-)


> ところで、「厳選!自動車ニュース」の方は
> もう更新されないのでしょうか?

 あのブログは2015年度末(3/31)をもって
断りもなく勝手に更新終了しました。(^o^)

 というのも、
あのブログを始めた当初より、
俺様の日常の仕事やその他の雑務が
大幅に増えてしまっており、
更新作業に時間を割くことが
困難になってきたためです。

 まぁ無理すれば書けますが、
体を壊してはいけないので、
必要な休息はとるようにしないと、
俺様も、もうええ歳なんでね。(^^;


 アクセスランキング上位に
入ってるブログなどを覗くと、
毎日のようにすごいボリュームの記事を
投稿している人がいますが、
ホント、すごいなぁと思います。

 たぶんお金持ちなんでしょうね。

 俺様は貧乏なので、
「貧乏暇なし」の生活でして、
とても彼らのマネはできませんわ。(^o^;

2016-07-05 23:39 | from 辛口系男子(管理人) | Edit

21世紀の交通戦争の始まり?

ツイッターだけに飽き足らず、リアルでも炎上とは困ったものだ。

消費者の都合お構いなしに利便性先行でシステムだけが否応なく先に進み、その過程で犠牲や歪みが多々発生するのはもはや世の常。

思えばIT化も数々の犠牲や歪みの上に否応なく進みましたが(最近ではwindows10)、これからは「黎明期の自動運転車」という新手のポンコツとの戦いが始まるのでしょう。

一通りひどい目に遭った後には、我々もきっと涼しい顔で新手のポンコツをスルーできるようになり、自動化社会の恩恵を享受できる時代が来るんじゃないでしょうか。

何十年先かはわかりませんが。

2016-07-05 23:34 | from - | Edit

No title

自動運転だろうがなんだろうが、前見てればどうにでも対応できた事故ですよね。
技術のレベルは別として、「自動運転システムが搭載されています」って言われても、SF映画じゃあるまいし、普通に考えたら100%信用しないと思うんですけどねぇ。
そんなに楽したいのなら運転手でも雇えよって話ですよ。

ところで、「厳選!自動車ニュース」の方はもう更新されないのでしょうか?

2016-07-05 22:49 | from アルファロメオーナー

トラックバック

http://karakuchikei.blog.fc2.com/tb.php/111-f0a40363