マツダ CX-8、書類選考の結果・・・ - 辛口クルマ批評



俺様のYouTubeチャンネル、
karakuchikeiはこちら!
     ↓
  

マツダ CX-8、書類選考の結果・・・


 クルマ関連のニュースを
頻繁にチェックしている人なら
すでにご存知だろうとは思うが、
マツダの新型3列シートSUV、
CX-8が正式に発表された。


cx-8_1.jpg


 早くも9月14日から
予約受注が開始されており、
発売は今年の年末、
2017年12月14日とのこと。



 正直なところ、
俺様はCX-8には
あまり期待していなかった。


 なぜなら、
CX-8は3列シートだから。


 3列シートのクルマと言えば、
俺様の好みに合わないフォルムの、
ダサいクルマばかり。

 ミニバンはもちろんのこと、
SUVでもこの通り、ご覧のありさま。
   ↓
crossover7_1.jpg


 やはり3列はダサい!
あまりにもダサすぎる!



 なので、
いかに「マツダデザイン」でも、
3列シートのSUVとなると
ダサくなってしまうに違いない

と。


 しかし!!


 いざCX-8が正式発表され、
マツダのサイトでデザインを
確認してみたところ、
これがなかなかカッコいい! (^O^)


cx-8_2.jpg


 今まで3列は論外と思っていたが、
これなら充分アリだ! (^_^)


 というわけで、
CX-8を愛車候補として
試乗の対象にするかどうか、
書類選考をおこなった。


 今回はその結果を報告すると共に、
CX-8の良いと思う所と
ダメだと思う所を

率直に述べていこうと思う。




CX-8の良い所


伸びやかで3列っぽくないサイドビュー


 「いかにも3列」という感じの
デザインなら却下するところだが、
CX-8は伸びやかなボリューム感を
感じさせるサイドビューを持ちながら、
良い意味で3列っぽさが無い。


cx-8_3.jpg


 全長は4900mmということで、
SUVとしてはかなり長いのだが、
俺様の許容範囲内だ。


エンジン改良でパワー&トルクアップ!


 CX-8に搭載されるエンジンは、
全グレードとも
2.2リッターのディーゼル


 マツダの2.2リッターディーゼルと言えば、
すでにおなじみのエンジンではあるが、
これが大幅に改良されているという。


 エンジン改良の度合いについては、
マツダの公式ニュースリリースで、

「2012年の導入以降で
 最も大きな改良を
 加えることにより、・・・」


と書かれており、
かなりの改良が施されたことが
アピールされている。


 具体的な数値で言うと、
CX-5とCX-8を比較した場合、
以下のような違いがある。



CX-5の主要緒元
cx-5_1.jpg


CX-8の主要諸元
cx-8_4.jpg


●CX-5
パワー: 175PS/4500rpm
トルク: 42.8kgf・m/2000rpm



●CX-8
パワー: 190PS/4500rpm
トルク: 45.9kgf・m/2000rpm




 いかがだろうか?

 しかも、
CX-8はCX-5より100kg以上も
重いにもかかわらず、
JC08モード燃費は
CX-5(2WD)が18.0km/L
CX-8(2WD)が17.6km/L
ということで、
燃費性能だって悪くないときた。

 これはかなりの大幅改良と言って
いいのではないだろうか。


妥当な価格設定


 最上級グレードのXD L Packageでも、
2WDなら400万円以下という価格設定。


cx-8_5.jpg


 俺様の愛車候補になるグレードは、
装備を考えると

XD PROACTIVE(2WD) 353万7000円
XD L Package(2WD) 395万8200円

のどちらかとなる。

 装備的にはPROACTIVEでもおよそ充分。

 だが、
上質感、高級感までを求めるなら
ぜひL Packageが欲しいところだ。
内装の質感が格段にアップする。

 でもL Packageの場合、
ルーフレールが標準装備になったり、
2列目が2人掛けのキャプテンシートしか
選択肢がなかったりとか、
余計なお世話的な融通の利かなさ
みたいな部分もあるので、
そのへんは悩みどころだろう。


L Packageの2列目キャプテンシート
cx-8_6.jpg


 いずれにしても、
装備内容や質感から考えれば、
妥当な価格設定、いや、
むしろお買い得と言える価格かも。


CX-8のダメな所


エンジンがディーゼルのみ!


 最も残念なのは、

ディーゼルしか選択肢がない

というところだろう。


 大幅改良されたという
2.2リッターディーゼルには
大いに興味があるし期待したいし、
それはCX-8におけるお楽しみの1つだが、
やはりガソリンの選択肢も欲しかった。


 もちろん、
車両単独でも重量が1800kg前後
(グレード・装備により1780~1900kg)
ほどもあるだけに、
そこに6人乗りや7人乗りという
3列フル乗車の状態を考えると、
現状の2.5リッターNAガソリンエンジンでは
余裕が無くなってしまう。

 しかし、海外では
さらにデカいCX-9に搭載されている
2.5リッターガソリンターボの
「SKYACTIV-G 2.5T」を載せれば
充分な動力性能があるのだから、
CX-8を発売するのなら、
それと同時に2.5リッターガソリンターボも
日本に導入して欲しかった
。 (-_-)


思い切りの足りない全幅


 CX-5とCX-8の寸法は以下の通り。

●CX-5
全長:4545mm
全幅:1840mm
全高:1690mm

●CX-8
全長:4900mm
全幅:1840mm
全高:1730mm


 お分かりだろうか。


 CX-5よりも全長がかなり長く、
全高も高いにもかかわらず、
全幅はCX-5と同じなのだ。


 こうなると、
やはり相対的にワイド感が
少し寂しく見えてしまう。

 全長を4900mmまで攻めたのなら、
全幅はあと30mmぐらい、
1870mmぐらいまでは攻めても
よかったんじゃないかなぁ、と。

 全高が低ければまだいいのだが、
全高も高くなってるだけにね。 (-_-)

 まぁでも欲を言えばの話なので、
許容できないわけではない。

 日本の駐車場事情を考えれば
全幅1850mmは1つの壁だから、
全幅が1840mmで収まっていることは
むしろ一般には歓迎される部分だろう。


助手席パワーシートぐらいはぜひ標準に!


 中間グレードのPROACTIVEは、
運転席はパワーシートになるものの、
助手席はマニュアル調整

オプション設定も無い。
(L Packageは助手席パワーシート標準装備)


cx-8_7.jpg



 PROACTIVEの価格は353万7000円

 日本車でこの価格帯なら、
まぁまぁ贅沢な価格帯だろう。

 CX-8は日本におけるマツダのSUVで
最上位モデルという事も考えれば、
廉価グレードはともかくとして、
中間グレード以上は助手席パワーシートぐらい
標準装備にしてもらいたかった



 マツダ車は全体的に装備も充実しており
価格も低めに抑えられている。

 実にコスパに優れた、
良心的なブランドだと思う。

 しかし、
今後マツダブランドを「プレミアム」な
ポジションへと引き上げていこうと思うなら、
各モデルのランクとそれに見合う標準装備の
バランスについて、もう少しバランス感覚を
磨く必要があるかと思う。

 まぁそのへんのバランスの悪さは、
下位モデルにとっては良い部分でも
あるのだが。(^o^;


愛車候補の1つとして試乗します!


 書類選考の結果としては、

CX-8は愛車候補になり得る、
充分に魅力的なクルマ


という結論に至った。

 というわけで、
CX-8を試乗候補に入れます。
(^_^)

 試乗時期については、
発売が12月14日ということで、
試乗の受付も12月中旬頃に開始される
とのこと。

 年末は何かと忙しいので、
実際にCX-8に試乗するのは
年明けになるでしょう。



 大幅改良され、進化したという
2.2リッターディーゼルのフィーリング、
デカいボディでもマツダのこだわる
「走り」のテイストは健在なのか、
試乗で確かめる日を楽しみに
待ちたいと思います!
(^_^)


★重要なお知らせ!
 当ブログは2018.9.30をもちまして、
 「新・辛口クルマ批評」にほぼ移転しました。
 当ブログも残しますが、
 更新は月1回のみとなります。



-------------------------

★庶民の方々へ忠告!

クルマの乗り替えを検討している方へ。

もしあなたにとって、
数十万円というお金が
小さなお金ではないのなら、
ディーラーの下取りに出す前に
必ず買取店の一括査定を
実行して下さい。


俺様も利用している無料一括査定サービス



俺様の経験上、業者によって
査定額に数十万円の差が
つくことはザラにあります!


ディーラーの言い値で
下取りに出したりしたら、
それこそ数十万円単位の損
をすることになりかねません。

買取店の一括査定で
最も高い値段をつけた業者に売れば、
買い替え候補のクルマだって
1ワンランク上のグレードが
狙えるかもしれませんよ!



-------------------------

★目次リンク
  → 試乗記の目次

************************
30代以上のサラリーマンの方へ。
俺様は動き出しました。あなたもそろそろ。(-_-)
 → クルマが好きだから、そろそろ人生の軌道修正
************************


コメント
非公開コメント

Re: No title

辛口系男子(管理人)です。


> 3列シートの車の試乗は
> ひょっとして初でしょうか?

 初です。

 と言いたいところですが、
実は違います。(^o^)

 諸事情により、
日産のセレナに試乗したことがあります。

●【試乗記】 日産 セレナ ハイウェイスター(2WD)
http://aboutcars.blog89.fc2.com/blog-entry-16.html


> 実用性を重視するとリアが垂直に近くなる。
> そうするとあのダサいミニバンのように
> 本当に箱型のダサすぎるデザインにしかならない。

 そうなんですよ。
結局スペース効率を追求すれば、
どうしても箱になるんですよね。

 その点、CX-8のデザインは、
全長を4900mmまで攻めたのが効いたのか、
3列ならではのダサさを感じさせない
デザインになっていると思います。(^_^)


> ディーゼルといいますと
> また注目はあのガラガラ音でしょうか。
> 許容できる程に改良がなされているのか、
> パワーアップということで
> 更なるガラガラ音に晒されるのか、
> その辺りも楽しみです。

 CX-8はさらなる上質感が
求められるモデルだと思うので、
ディーゼル音に対するジャッジは
CX-5よりさらに厳しくせざるを得ない。

 その上で、ディーゼル音が
俺様が許容できるレベルに収まるのかどうか、
まさに注目ポイントだと思います。(^_^)


> 話は変わりますがこのブログにおける
> キング・オブ・クソカーに認定された(?)
> 似非モデルチェンジ(マイナーチェンジ)した
> アクアへの試乗な行わないのでしょうか?

 アクアには、TNGAが採用される
フルモデルチェンジしか期待しておらず、
マイナーチェンジに手を出す気がないため、
試乗の予定はありません。


> (信用していませんが)島下泰久なる
> 自動車評論家が走りはレヴォーグや
> エクストレイル以上と絶賛していましたが
> 辛口管理人さんを唸らせるものなのか
> 別の意味で唸らせるものなのかも
> 実は楽しみです。

 確かに、
アクアに試乗した時は
何度か唸ってた気がします。

悪い意味で、ですけどね。(^o^)

 期待している反応と
クルマの反応にギャップがありすぎて、
そのたびに「う~~ん・・・」と。(^o^;

 まぁ島下泰久とやらが
どれほどセンスのある評論家かは
知らないのですが、
アクアとの比較にレヴォーグや
エクストレイルなどという、
ボディサイズもボディタイプも
あまりに違いすぎる車種を
持ち出してくるあたり、
恐らくセンスは無いものと
お察し致します。(^o^)

 アクアには、
子供騙しはこのぐらいにして、
本気のモデルチェンジを
してもらわないとね。

 クソカーキングの称号を返上するのは、
TNGAベースになってからですわ。

 まぁ
「TNGAになってもクソのまま」
という可能性も無くはないですが。(^o^;

2017-09-20 20:33 | from 辛口系男子(管理人) | Edit

Re: No title

辛口系男子(管理人)です。


> SUVも興味あるんですか??

 昔は興味なかったですけどね。

 SUVというと、
ガチなSUVが多かったですから。

 でも、近年はSUVと言っても、
主にタウンユースを想定した
クロスオーバーということで、
小洒落たデザインのモデルが
次々と出てきており、
好みにハマるものが出てきたのです。


 コンパクトカーもそうです。

 昔は相手にしてませんでしたが、
最近はコンパクトでもデザインが
セクスィ~で内装も良い質感のモデルが
増えてきましたから、
今ではコンパクトカーにも
守備範囲を広げています。(^_^)

2017-09-20 19:43 | from 辛口系男子(管理人) | Edit

No title

CX-8が書類選考で辛口管理人さんのお眼鏡にかなうとは、非常に楽しみです。3列シートの車の試乗はひょっとして初でしょうか?
3列目シートの場合デザインを優先するとリアが斜めになり荷物を乗せられなかったり或いは乗せにくかったり3列目の居住性などが犠牲になる。実用性を重視するとリアが垂直に近くなる。そうするとあのダサいミニバンのように本当に箱型のダサすぎるデザインにしかならない。メーカーもその辺りはどの購買層を狙うかによって割り切っているように見えます。
ディーゼルといいますとまた注目はあのガラガラ音でしょうか。許容できる程に改良がなされているのか、パワーアップということで更なるガラガラ音に晒されるのか、その辺りも楽しみです。
話は変わりますがこのブログにおけるキング・オブ・クソカーに認定された(?)似非モデルチェンジ(マイナーチェンジ)したアクアへの試乗な行わないのでしょうか?
(信用していませんが)島下泰久なる自動車評論家が走りはレヴォーグやエクストレイル以上と絶賛していましたが辛口管理人さんを唸らせるものなのか別の意味で唸らせるものなのかも実は楽しみです。

2017-09-20 10:55 | from ADSV | Edit

No title

SUVも興味あるんですか??

2017-09-20 07:49 | from -

トラックバック

http://karakuchikei.blog.fc2.com/tb.php/184-54ff6e2c