新型シビックへの期待と不安 - 辛口クルマ批評



俺様のYouTubeチャンネル、
karakuchikeiはこちら!
     ↓
  

新型シビックへの期待と不安

 新型シビックへの
試乗日がようやく決定!
(^O^)

 俺様が試乗するモデルは、

「新型シビック、試乗はハッチバックに限る?」

の記事でも書いた通り、
ハッチバックのほう。


civic_7.jpg


 試乗車が少なくて、
俺様の都合と試乗車が準備できる日の都合を
ディーラーさんと相談していたのだが、

  12月18日

試乗させて頂けることに! (^o^)


 新型シビック ハッチバックの
対抗車種としては、

「インプレッサ スポーツ」

が筆頭に挙げられるかと思うが、
インプレッサと言えば
その価格からは考えられないほど
非常に質感の高い走りを実現しており、
試乗で俺様を驚かせたクルマ
だ。
(参考)
【試乗記】 スバル インプレッサ スポーツ 2.0i-L EyeSight



 新型シビックの走りは、
そんな強敵のインプレッサを
超えることができるのか?



 外観のデザインに関しては、
インプレッサよりも新型シビックのほうが
カッコいいと感じている俺様としては、
ぜひ走りでもインプレッサを上回って頂いて、
強力な次期愛車候補に名乗りをあげてほしい
と期待している。


 しかし!!


 そんな期待が大きい一方で、
「ホンダ」という企業全体を見たとき、
不安もあるのが正直な気持ちだ



 だって、
新型シビック以外では
ろくなことがないからね、
最近のホンダって。
(^_^;


 以下、
最近ろくなことがないホンダについて、
とりとめなくザックリと書かせて頂く。

 これだけ残念な状況だと、
素直に新型シビックに期待していいものか、
不安がよぎるのである。(^_^;




ホンダの残念な話あれこれ


殺人エアバッグのタカタと蜜月関係


 ホンダと言えば、
最近でインパクトが大きかったのが
タカタの殺人エアバッグ問題

 エアバッグに関しては、
タカタと最も関係が深かったのがホンダ

 「安全装置が人を殺す」という
とんでもない緊急事態にもかかわらず、
タカタのポンコツ経営陣の対応は
あまりにもお粗末で、
挙句の果てに経営破綻。

 タカタの経営陣がまさかここまで
ポンコツだとは思ってなかったのだろう。
そういう意味ではホンダも被害者だが、
よりによってとんでもないところと
タッグを組んでしまったものだ
。(^o^;


F1で結果を出せずマクラーレンと契約解消


 ホンダがF1で苦戦しているという話は、
以前にこのブログでも、

「F1ホンダ、遅いうえにすぐ壊れる原因とは」

という記事で取り上げた通りだが、
結局その後も信頼を得るには至らず、
栄光の復活を夢見たマクラーレンとの契約が
解消という結末を迎えた
ことはご存知の通り。


 そんな情けないホンダだが、
かつては「エンジンのホンダ」
などと言われたものだ。

 以前にVTECエンジン搭載のインテグラに
乗っていたことのある俺様としても、
「スポーツを感じられるエンジン」
という意味では、確かにホンダエンジンは
素晴らしかったと思う。

 それはやはり、
モータースポーツで得た技術を
市販車にも生かすという、
技術の好循環があったことも
理由の1つであったのかもしれない。


 しかし!

 そのホンダエンジンがF1で大コケ。

 ということは、
市販車のエンジンも・・・。。。


 いや、
そんなネガティブな想像はやめておこう。(^^;

 F1と市販車なんて、
次元が違いすぎて無関係だ。

 かつてのホンダがF1で活躍していたことと、
当時のホンダエンジンが素晴らしかったことは
単なる偶然であって、無関係に違いない。
そうだ無関係に違いない。
そういうことにしておこう。(-_-)


フィット・ヴェゼルの連発リコール!


 古い話をほじくり返して申し訳ないが、
この時は本当に「ホンダ大丈夫か!?」
と思ったものだ。
(参考)
フィット&ヴェゼルのリコール内容がヤバすぎる件
フィット&ヴェゼル、またしてもリコール!

 なんだか誤魔化されてるとしか
思えないようなリコール内容で、
俺様の中で納得がいかず、
ずいぶん不安に思ったものだ。

 こんなレベルのリコールが連発されるあたり、
「ホンダが重視して力を入れてきたことが
 昔とは変わってきていることの影響なのかも」

などと、良からぬ思いも巡ったりして。(-_-)


レジェンドのマイナーチェンジがヒドい


 近年のホンダは昔と違い
「スポーツ」のイメージがなくなって、
ユーティリティ重視のダサすぎる
クルマばかりを量産している
ことは、
皆さんご周知の通り。

 そんな中、
2018年2月にマイナーチェンジ
予定されているホンダの高級セダン
「レジェンド」の情報が、
公式HPで先行公開された。


 こんな感じ。
  ↓
legend_mc.jpg


 現行も決してカッコ良くはないが、
マイナーチェンジによりフロントグリルが
一段とダサくなることが判明
。(^o^;

 俺様のセンスが時代遅れなのかもしれないが、
どうしてこう「さらにダサく」するような
マイナーチェンジをしてしまうのだろう。


 2012年に一度はその姿を消した「レジェンド」。

 2015年にめでたく復活し、
新型が登場するも販売は低迷。

 日産の「シーマ」といい、
ホンダの「レジェンド」といい、
一度ラインナップから消えて
復活した車種というのは、
復活を望んでいた消費者側からすると、


「いや、
 復活は望んでたけど、
 こういうのじゃないねん!」


と言いたくなるような
おかしな復活の仕方をしてしまう


 そう言えば、
シビックも日本では
姿を消していたモデル。


 うーーーん、
不安だ、何か不安だ。
(^_^;


期待していいのか、ホンダ!


 というわけで、
近年は数々の「負の話題」しか
見当たらないホンダだが、
そんなホンダが開発した新型シビック、
本当に素直に期待していいのだろうか?

 こんな状況の中で、
新型シビックだけが
俺様も大絶賛する出来栄え!
なんてことがあるのだろうか?

 これだけ良くない話題が続くと、
そんなメーカーから「いいクルマ」が
出てくること自体がイメージできなく
なってしまう。


 そんなわけで、
とにかく期待と不安が入り混じる、
複雑な心境ではあるが、
すべては試乗で確かめるのみ!

 新型シビックの走りは、
俺様の期待に応えるレベルなのか?

 12月18日、その答えが出る。(^_^)



-------------------------

★庶民の方々へ忠告!

クルマの乗り替えを検討している方へ。

もしあなたにとって、
数十万円というお金が
小さなお金ではないのなら、
ディーラーの下取りに出す前に
必ず買取店の一括査定を
実行して下さい。


俺様も利用している無料一括査定サービス



俺様の経験上、業者によって
査定額に数十万円の差が
つくことはザラにあります!


ディーラーの言い値で
下取りに出したりしたら、
それこそ数十万円単位の損
をすることになりかねません。

買取店の一括査定で
最も高い値段をつけた業者に売れば、
買い替え候補のクルマだって
1ワンランク上のグレードが
狙えるかもしれませんよ!



-------------------------

★目次リンク
  → 試乗記の目次

************************
30代以上のサラリーマンの方へ。
俺様は動き出しました。あなたもそろそろ。(-_-)
 → クルマが好きだから、そろそろ人生の軌道修正
************************


コメント
非公開コメント

Re: No title

辛口系男子(管理人)です。

> レジェンドいいじゃないですか。
> アメリカ人が好きそうな顔になってる。

 まさか、ペンタゴンだから? (^o^;

 高級車の顔としては
あまり似合わない気がしますが、
アメリカではウケるんですかね。

 まぁホンダにしてみりゃ、
日本で売る気があまりないのかも。
新型シビックのハッチバックもタイプRも
海外生産だし、海外で売れれば良し、
という感じなんですかね。(^^;

2017-12-14 15:25 | from 辛口系男子(管理人) | Edit

Re: タイトルなし

辛口系男子(管理人)です。


> 両方乗ったけど上質さとエンジン、
> サス剛性はシビック圧勝だった

 ほほぅ、
これはまた両極端というか、
先にコメント頂いている
ししとーさんとは異なり、
シビックに好感をもたれたご様子の感想ですね。

 12月18日の試乗が
ますます楽しみになってきました。(^_^)

2017-12-14 15:08 | from 辛口系男子(管理人) | Edit

タカタのエアバッグの件、ぶっ飛んだ金属部品の素材は神戸製鋼…これは闇が深そうです

2017-12-13 16:19 | from -

No title

 タカタのエアバックを使った自動車会社は沢山あるが、死亡事故を起こした割合はホンダ車が圧倒的。
ホンダがタカタに催促してエアバックを作らせた経緯から、採用台数が多いのは判るが、ホンダ車が死亡事故に占める割合は異常。
ホンダは『事故時のエアバック展開を速める急速展開技術』を一時期宣伝しており、これが爆発力を高めて部品を飛散させ死亡事故につながったとの説があるが、詳細は不明かつアメリカの裁判も結審しており今後も明らかになる事は無いだろう。
 個人的に同社には、『市販車を走る実験室にしても構わない』という疑念が感じられて、信用できない。

(辛口さんは、いいとこ見てますね)

2017-12-12 22:09 | from 気になる内容につきコメント

両方乗ったけど上質さとエンジン、サス剛性はシビック圧勝だった

2017-12-12 13:35 | from -

No title

レジェンドいいじゃないですか。アメリカ人が好きそうな顔になってる。

2017-12-11 23:29 | from レジェンド

No title

私がインプに試乗したのは1年あまり前。

その乗り心地のよさ、滑らかさ、上質感、重厚感、静粛性にビックリしたことを昨日のことのように覚えています。

「オレのヴァリアントよりも遙かに乗り心地がいい(驚)」

シビックも悪いクルマではありませんが、インプを上回るのは、おそらく動力性能のみだと思います。

2017-12-11 21:45 | from ししとー | Edit

トラックバック

http://karakuchikei.blog.fc2.com/tb.php/193-07222d71