半自動運転の起こす事故がいまだ論外レベル - 辛口クルマ批評



俺様のYouTubeチャンネル、
karakuchikeiはこちら!
     ↓
  

半自動運転の起こす事故がいまだ論外レベル


 先日報じられた、
テスラの「モデルS」
停車中の消防車に追突した事故。


model_s_jiko.jpg


 事故当時、
モデルSは半自動運転、すなわち、
「オートパイロット」モードで
時速約100km/hで走行していた
とのこと。

(参考)
●自動運転の米テスラ車、事故起こしていた
 時速100キロで消防車に追突
http://www.sankei.com/economy/news/180126/ecn1801260044-n1.html


 恐ろしいのは、
これがオートパイロットの
誤作動で起きた事故ではなく、
正常動作の中で起きた事故

だという点だ。


 つまり、ぶつかるべくして
消防車にぶつかったモデルS。



 テスラのモデルSと言えば、
2016年に起きた自動運転中の
死亡事故が記憶に新しい。

(参考)
テスラの事故状況、自動運転ブームへの警鐘


 今回の事故もそうだが、
半自動運転はいまだに
論外なレベルであることは
言うまでもない。


なぜモデルSの
オートパイロットモードは、
停車している消防車に
突っ込んだのか?



 以下でお話しするとしよう。




マニュアルに書かれている「警告」


 モデルSのマニュアルには、
以下のような警告が書かれているという。

----- ここから引用 -----

「警告:
 トラフィックアウェア クルーズコントロールは、
 物体を検知できない場合があり、
 静止した車両と衝突しないように
 ブレーキをかけたり
 減速したりできなくなることがあります。
 特に時速80km以上で
 走行しているときに
 追尾していた車両がいなくなり、
 その代わりに静止した車両や
 物体などが前方に現れると、
 この現象が起きやすくなります

----- 引用ここまで -----
(引用元)
http://news.livedoor.com/article/detail/14212512/


 上記引用元の記事を見ると、
ボルボの半自動運転(パイロット・アシスト)にも
同様の弱点があるという。

 前を走るクルマがいなくなると、
その前に停車したクルマがあったとしても、
ブレーキをかけるどころか
設定速度まで加速する
というのだから
恐ろしい話だ。


 こんなことになってしまう原因は、

静止している障害物を無視する

という設計になっているからだという。


 なぜ無視するのか。


 先の引用元の記事によると、
制限速度標識だとか、
路上に落ちているホイールキャップなど、
特にブレーキをかける必要のない
静止した物体を検知したときに、
不要な急ブレーキをかけないようにするため

なのだそうだ。

 静止している物体に
いちいち反応していたら、
ブレーキの誤作動が多発する、
ということなのだろう。


 これを解決するためには、
より高性能なセンサーを
複数組み合わせるなど、
解決策がないわけではないようだが、
コストと信頼性の面で
まだ課題があるようだ。


半自動運転の方が疲れる?


 今回の事故からもわかるように、
現在の半自動運転は、
人間ならまずあり得ない判断をし、
あり得ない動作を平然としてしまう。

 もちろんマニュアルには、
システムの限界をユーザーに伝える文言が
細かくいろいろと書かれており、
半自動運転中にも注意を怠らないようにと
注意喚起されているわけだが、
どれだけのユーザーがシステムの弱点を
完全に把握してこの機能を使っているのか

はなはだ疑問だ。


 俺様に言わせれば、
こんな低レベルな判断しかできない
半自動運転システムで走っていたら、

「急に何しよるかわからん!」

という不安が常にあるため、
自分で運転している時よりも
はるかに疲れるような気がする。

いや、絶対に疲れるだろう。(^_^;


 俺様がリラックスして
使えるレベルの半自動運転は、
いつ頃に実現されるだろうか?



 世間のニュースでは、
自動運転の実現がもう間近であるかのような
感じで伝えられていたりするが、
一般道で安心して使えるレベルの自動運転など、
はるか先の話
であることは言うまでもない。


 テレビメディアには、
あまり自動運転のスゴさを過大に
伝えるような特集や報道の仕方は、
ぜひとも慎んでもらいたいと思う。

 マニュアルの注意事項なんざ、
普通のユーザーは隅々まで読んで
把握などしていないのだから。

 勘違いを助長するような
イメージの植え付けは
危険でしかない。
(-_-)


★重要なお知らせ!
 当ブログは2018.9.30をもちまして、
 「新・辛口クルマ批評」にほぼ移転しました。
 当ブログも残しますが、
 更新は月1回のみとなります。



-------------------------

★庶民の方々へ忠告!

クルマの乗り替えを検討している方へ。

もしあなたにとって、
数十万円というお金が
小さなお金ではないのなら、
ディーラーの下取りに出す前に
必ず買取店の一括査定を
実行して下さい。


俺様も利用している無料一括査定サービス



俺様の経験上、業者によって
査定額に数十万円の差が
つくことはザラにあります!


ディーラーの言い値で
下取りに出したりしたら、
それこそ数十万円単位の損
をすることになりかねません。

買取店の一括査定で
最も高い値段をつけた業者に売れば、
買い替え候補のクルマだって
1ワンランク上のグレードが
狙えるかもしれませんよ!



-------------------------

★目次リンク
  → 試乗記の目次

************************
30代以上のサラリーマンの方へ。
俺様は動き出しました。あなたもそろそろ。(-_-)
 → クルマが好きだから、そろそろ人生の軌道修正
************************


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://karakuchikei.blog.fc2.com/tb.php/203-0d493747