自動運転の死亡事故で、アメリカが一歩前進 - 辛口クルマ批評



俺様のYouTubeチャンネル、
karakuchikeiはこちら!
     ↓
  

自動運転の死亡事故で、アメリカが一歩前進

 自動運転試験走行中に、
歩行者をはねて死亡させるという
極めて重大な事故が起きた。



jidou_unten1.jpg


 事故が起きたのは
アメリカ、アリゾナ州の公道で、
事故を起こしたのはアメリカの
ウーバー・テクノロジーズ
自動運転車だ。


 このニュース、
すでに多くのメディアで
報じられているが、

自動運転の開発・実用化にブレーキ

といった論調が目立つ。


 しかし、

俺様に言わせれば、

「自動運転の開発にブレーキ?
 何をバカな事を言っているのか


と思う。


 大体、
世間一般にメディアも含め、
あまりにも自動運転の実現を
簡単に考えすぎていると感じる。

 そんなだから、
「自動運転の開発にブレーキ」
などという論調が出てくるのだろう。
まったく笑止千万である。


 俺様はむしろ、
今回の自動運転による死亡事故で、

「アメリカは自動運転の開発競争で
 他国より一歩前進した」


とさえ思う。


 このたび、
事故を起こした自動運転車の
車載カメラ映像も公開された
ので、
その映像も見ながら、


・なぜ「アメリカが一歩前進」なのか?

・自動運転の「本当の怖さ」とは何か

・法整備の遅れなど、問題ではない

・自動運転はまだまだ人を殺す


といった内容で、
自動運転に関する俺様の見解を
あらためて述べたいと思う。



 以下、
大して面白くもない話が
延々と字ばっかりで続くので、
言いたいことの結論だけを
ざっくりと言っておくと、

「人が一人死んだくらいで
 開発にブレーキがかかるのなら、
 ハナっから自動運転の開発なんか
 やるほうが間違ってる。
 試験の過程で人が死ぬことなんて、
 最初っから織り込み済みだ。」


ということだ。


 というわけで、
少々乱暴な論調に感じるかもしれないが、
それでも読んでみたいという人だけ
以下ご覧下さい。(^^)




死亡事故を起こしたアメリカが「一歩前進」のワケ


 自動運転の試験走行中における、
歩行者の死亡事故というのは
今回が初めてだ。

 それだけに、
メディアもこの事故を
大きく取り上げている。


 事故を起こしたウーバー社は
試験走行の中断を決めた。
この事故の重大性を重く見たトヨタも、
アメリカでの公道実験を一時中断した。

 試験の一時中断、
その措置は妥当だと思う。


 事故が起きた以上、
その原因を調べて対策しない限り、
また同じような事故が起きるかも
しれないからだ。


 しかし、

だからと言ってこれを、

開発にブレーキ

と考えるのは違うと思う。


 今回、自動運転車は、

事故を経験する

ことが出来たわけで、
これは開発を進める上で
非常に貴重なデータとなる



 この事故の原因を調べて、
さらなる対策を講じることで、
着実に自動運転はレベルアップ
するのである。

 逆に言うと、
事故も起こさずに、
ヒヤリハットにも遭遇しない、
順調な試験走行など、
ほぼ時間のムダだ。


 自動運転をレベルアップさせるには、
その走行シーンにおける適切な動作ではなく、
「想定外の動作」や「マズい動作」を
自動運転車が経験し、
それを試験走行の担当者が見つけて
原因を潰していく作業がどうしても必要だ。


 歩行者をはねて死亡させる
などという重大事故は、
そうメッタに経験できるものではない。

 そういう意味では、
アメリカは大きな犠牲と引き換えに、
大きな収穫を得た
と言っていいだろう。

 アメリカのウーバー社が
試験走行を中断したと聞くと、
開発が足踏みしているように
世間は感じるかもしれないが、
実はまったくその逆である。

 アメリカの自動運転開発は、
大きく一歩前進したのだ。



自動運転の本当の怖さは、「自動運転」ではない


 「自動運転」と一言に言っても、
そのレベルには段階があることは
皆さんご存知だろう。

 ドライバーの介入を全く必要としない
レベル5の完全自動運転の時代になれば、
それこそ人が運転するよりも
事故る可能性は極めて低い状況に
なっているだろう。
(そうでなければレベル5の自動運転車など
 普及できるはずがないから)

 なので、 
そこまで(レベル5)くれば、
もう自動運転は怖くないはずだ。


 しかし、

レベル3やレベル4といった、
中途半端な自動運転


これは非常に怖い。


 ではここで、
今回アメリカで死亡事故を起こした
自動運転車の車載カメラの映像

見てみるとしよう。

画像をクリックすると
ニュース動画サイトにジャンプします
jidou_unten2.jpg



 どうだろう?

 映像を見て自動運転の怖さ
お分かりになっただろうか?



 この映像を見た人は、
きっといろんな感想を持つだろう。

 例えば、

・あんな暗闇から現れたら、
 自動運転じゃなくても事故るよ!

・ノーブレーキで突っ込むなんて、
 横から歩いてくる歩行者を
 全く検知できていない証拠。
 検知システムに問題アリだね!

・ヘッドライトをハイビームにしておけば、
 システムも早めに歩行者を検知できて
 事故を防げたんじゃないかな?

などなど。


 しかし、

着目すべきは
そんなところではない。



ドライバーがたびたび
長時間に渡り視線を前方から
外しているところ



これこそが、

自動運転の本当の怖さ

だと、俺様は考えている。


 まだ開発段階の中途半端な自動運転でも、
多くのシーンではそれなりに適切な
運転操作をしてくれるので、
ドライバーはどうしても
油断してしまうのだ。



 もちろん、
試験走行という段階なので、
担当ドライバーも

「いつでも危険を回避できるように、
 常に前方や周囲に注意して、
 すぐにハンドル操作やブレーキ操作が
 できる状態で乗車するように」

という注意は受けているはずで、
本人も最初はそうしていたはずだ。


 でも、
何事も起きない時間が
ずーーーっと続くと、
どうしても油断してしまうのが
人間というものである。

 だけど、
自動運転というのは、
想定外のシーンや
障害物を認識できない状況に出くわすと、
それまでの何事もない
快調な運転操作が
一瞬にして崩壊するのだ。


 ドライバーは、
いつ訪れるかわからない
その瞬間のために、
常に気を張っていなければ
ならない
のだ。

 それって、
実は人間にとって
すごく難しい仕事だと思う。

 ずっと集中してるなんて、
人間は基本的にできない。
すぐに疲れてしまう。


 免許取り立ての頃や、
教習中の頃を思い出してほしい。


 その頃って、
運転するとすごく
疲れませんでしたか?

 運転しながら会話なんてできない。
音楽を楽しむ余裕もない。(^o^)

 それは、
運転に「集中しすぎていた」からだ。

 運転に慣れてくると、
その走行シーンにおける注意点が
だんだんと絞られてくるので、
ピンポイントで集中力を使えるように
なってくるのだが、
初心者のうちは
全てのことに注意を配ろうとするので、
集中力をあちこちに使いすぎて
疲れてしまう
のだ。
(そのくせ、肝心なところで
 肝心な部分への注意が足りず、
 いろいろやらかしてしまう)


 でも、
自動運転車のドライバーは、
いつ何をやらかすかわからない
自動運転に対して、
常に注意を配らなければならない。

 まぁ言うは易しだが、
実際には無理ですよ、そんなこと。(^o^)


 そんなわけで、
レベル3やレベル4といった
中途半端な自動運転で一番怖いのは、
自動運転による運転ではない


 ドライバーの油断こそが
最も怖いのである。


 しかもその油断は、
人間の特性上、
どうしても避けられないものだから、
その油断を生む自動運転は怖いのだ。


法整備の遅れなど、問題ではない


 最近よく言われているのが、

自動運転による事故が起きた時に、
事故の責任は誰が負うのか?


などといった、
法整備が追いついていない
というような話だ。


 俺様に言わせれば、
レベル5(ドライバー不要の完全自動運転)
以外の自動運転による事故は、
すべてドライバーの責任にすべきであり、
法整備など必要ないと思っている。


 世間の論調を聞いていると、
まるで法整備さえ進めば
もうじき自動運転車が公道を
走れるようになるかのような
言いっぷりだ。

 アホかと言いたい。

 んなわけないやろ、と。(^o^)


 レベル5以外の自動運転は、
結局は何らかの注文がつく。
限られた特定の条件下でしか
システムは運転を行えない。

 問題は、
その「特定の条件」が不成立となったとき、
ドライバーが瞬時に対応できるのか、
というところだ。

 まぁ無理だろう。

 いや、無理ってゆーか、
それまでくつろいでいて、
急に運転変われと言われて
瞬時に対応を求められるくらいなら、
最初から自分で運転してるほうが
よっぽどラクだと思う。(^o^)


 そもそも、
先にも述べた通り、
レベル3やレベル4といった
中途半端な自動運転は、
ドライバーの油断を生む


 事故の責任をドライバーに
しておかないと、その油断は
ますます大きくなってしまうだろう。


 そう考えると、
法整備の遅れなど
大した問題ではない。


 今まで通り、
事故の責任は
すべてドライバーでOK。


 まるで法整備に対して
技術だけが大きく先行している
かのような論調が散見されるが、
公道を走れる自動運転の開発など
今回のアメリカでの死亡事故を見ても
わかるようにまだまだ論外なレベル
そんなに慌てる必要はない。(^_^)


自動運転はまだまだ人を殺す


 自動車専用道路限定ならともかく、
人や自転車が行き交う一般の公道での
自動運転を目指す限り

今後も自動運転の試験走行による
死亡事故は発生するだろう。


 残念ながら、
ムチャをする人やチャリンコに
ぶつからない自動運転車を
完成させるには、
まだまだ犠牲が必要だと思う。

 今回、一人犠牲者が出てしまい
業界は大騒ぎしているが、
自動運転の開発に携わる人たちにしてみれば
いずれ今回のような事故が起こることは、
口にはしないものの想定の範囲内
だったのではないだろうか。

 危険を早い段階で予測して
自動運転により回避動作をとる、
これを完璧に仕上げていくためには、
まだまだ「危険な状況」データが
全然足りていないはず。


 今後も死亡事故は起きるだろうが、
それによって自動運転の開発に
「ノー」を唱えるのであれば、
もう自動運転の開発なんて
今のうちにやめてしまうべきだろう。


 まだまだこれから先、
自動運転は人を殺します。
残念ながら。
(-_-)



-------------------------

★庶民の方々へ忠告!

クルマの乗り替えを検討している方へ。

もしあなたにとって、
数十万円というお金が
小さなお金ではないのなら、
ディーラーの下取りに出す前に
必ず買取店の一括査定を
実行して下さい。


俺様も利用している無料一括査定サービス



俺様の経験上、業者によって
査定額に数十万円の差が
つくことはザラにあります!


ディーラーの言い値で
下取りに出したりしたら、
それこそ数十万円単位の損
をすることになりかねません。

買取店の一括査定で
最も高い値段をつけた業者に売れば、
買い替え候補のクルマだって
1ワンランク上のグレードが
狙えるかもしれませんよ!



-------------------------

★目次リンク
  → 試乗記の目次

************************
30代以上のサラリーマンの方へ。
俺様は動き出しました。あなたもそろそろ。(-_-)
 → クルマが好きだから、そろそろ人生の軌道修正
************************


コメント
非公開コメント

Re: 祝 1000人突破

辛口系男子(管理人)です。

> チャンネル登録者数1000人突破
> おめでとうございます!

 ありがとうございます! (^o^)

 そうなんです、
申し訳ないことに、
チャンネル登録者が徐々に増えてゆき、
1000人を突破しました。(^_^;

 頻繁に動画をアップするわけでもなく、
定期的にアップするわけでもなく、
気まぐれなタイミングで
動画が撮れた時だけアップして、
生きてるのか死んでるのか
わからないようなチャンネルなのに、
登録して下さっている方々には
感謝と申し訳ないという気持ちしか
ありません。(^_^;


 なにしろ、
最後の動画をアップしてから、
すでに半年以上が経過。
試乗動画に限って言えば、
約1年近くも経っています。

 なのに、
いまだにそれなりに安定した
動画再生時間と視聴回数が
カウントされていることに、
俺様自身が驚いています。(^_^;


 ですが、
ようやく新たな動画を
アップできそうです。(^_^)

 ここへ来てやっと、
レンタカーと俺様の時間の都合が
合わせられそうな感じに
なってきたので、
4月には新型リーフの試乗動画を
アップする予定です。(^^)

2018-03-27 23:08 | from 辛口系男子(管理人) | Edit

Re: No title

辛口系男子(管理人)です。

> 極論かもしれませんが、
> 歩車分離がされている車道上でひかれた場合は
> 歩行者が全面的に悪いというようなことにして、
> 歩行者側の安全意識を向上させないと
> 自動運転は普及しないでしょうね。
>
> 自動運転車来てるけどあの距離なら
> 止まってくれるから無理矢理横断したろ〰。
> みたいな人がいたら
> 円滑な交通も安全も保障できませんから。

 それは俺様も思いますね。

「自動運転車は
 とにかく人に接触しないよう、
 よほど急な飛び出しでもない限り
 確実に停止してくれる」

というような状態であれば、
人は安心して好き勝手な所で
道路を横断し始めるかもしれません。
おっしゃる通り、そうなっては
交通は成り立ちませんよね。
常に歩行者待ちの大渋滞です。(^o^)


「交通ルールを守って横断歩道を
 渡っている限り、自動運転車に
 ひかれることはほぼ絶対に無いけれど、
 横断歩道以外の場所や
 赤信号で渡った場合は、
 一切の減速なしで情け容赦なく
 跳ね飛ばされる。
 しかも、交通ルール違反で
 跳ね飛ばされてケガしたり
 死亡した場合、
 保険は一切おりない。」

というように、
自動運転車の仕様や道路交通法、
保険の規約を設定しておけば、
みんなルールを守るように
なると思います。
それでいいと思います。(^_^)

2018-03-27 21:56 | from 辛口系男子(管理人) | Edit

Re: タイトルなし

辛口系男子(管理人)です。

> 結局、人が運転しようが
> 機械が運転しようが
> 事故は無くならないということかな。

 まぁそれはそうでしょうね。
ゼロは目標ではあるけれど、
ゼロにはならないでしょう。

 やっぱりある程度の確率で
どうしようもない
運の悪い偶然が重なることは、
どうしてもありますからね。(-_-)


> もっと犠牲が必要であると…

 はい。
もちろん、実験してる側は
犠牲など出さないように
いろいろと気を付けてるとは思いますが、
やっぱり未完成の自動運転にも
それを見張る人間にも
限界ってものがありますからね。

 それに、
まだ自動運転の公道での試験なんて
始まってから大して経ってないですし、
まだまだこれからですからね。

 一般公道におけるシチュエーションって、
めちゃくちゃバリエーションありますから、
公道試験の道のりはまだまだ
長く険しいと思います。


 自動運転が対応できないような
シチュエーションがタイミング悪く
発生してしまったら、
事故は簡単に起きてしまうと思います。

 もしもの時のためのドライバーも、、、
まぁ今回のように油断している可能性も
ありますからね。


 ある壮大なプログラムが
完成したとします。

 そのプログラムに対し、
いろいろなシミュレーションをしたけど、
動作は完璧であり、
バグは1つも見つかりませんでした。

 それ、信じられますか? (^_^;

 想定するシチュエーションに漏れがあり、
シミュレーション不足のために
バグが見つかっていないだけで、
どこかにバグはきっとある、
と考える方が自然だと思います。


 公道試験中に、自動運転車が
想定の範囲を超えるシチュエーションを
経験したとき、何かが起きるのです。

 その何かがヒヤリハットで済むか、
人を殺してしまうのか、
それはその時になってみないと
わかりません。
だから、
まだまだ犠牲が出る可能性は
十分にあり得る、と。(-_-)


> 上手いこと保険会社が食い付きそうだな。
> 『自動運転車専用保険』ってか()

 自動運転機能付きのクルマは
割引きになるのかと思いきや、
「割高」になったら笑いますけどね。(^o^)

 でも、完成度が中途半端だと、
かえって事故が増える可能性も
無いとは言えないので、
保険が今後どうなっていくのか、
注目ポイントではありますね。(^^)

2018-03-27 21:39 | from 辛口系男子(管理人) | Edit

Re: No title

辛口系男子(管理人)です。

> 電車や飛行機ですら
> 完全自動運転にならないのに、
> 車でできるとは思えない。

 電車はすでに一部では
自動で運転してますので、
やろうと思えばクルマよりは圧倒的に
簡単に自動化できるはずなのに、
それが全線に普及する気配すらないのは、
まさに突っ込みどころですよね。

 電車の通り道(線路)なんて、
クルマが走る一般道に比べれば
かなり限られた領域なのに、
それですら自動化のための整備を
進められないのだから、
クルマが自動で走れるようになるとは
とても思えないというのは、
すごくイメージとしてわかりやすいと
思います。(^o^)


> スーパーの袋とガチの障害物も
> 見分けられないうちはお話にならない。

 人間が瞬時に「当り前」に行える判断を、
自動運転車がどこまで学習して
判断できるのか、ってところですよね。

 それは時間が解決する
問題なのかもしれませんが、
人間にとって「当り前」の判断を
機械に当り前に判断させるのって、
かなり難しい事ですよね。

 例えば人がいたとしても、
その人がこっちを見ていて
「クルマが来てる」
と認識している場合と、
その人がこっちに気付いてない場合とでは、
運転する側の対応も変わってきますけど、
それって人が運転していれば
目が合ったとか相手の動作で
それが分かるわけですが、
自動運転車がそんなところまでを
認識できるのかどうか、とか、
考え出すといろいろと難しい壁が
あるように思います。(^_^;


> 路線バスですら、
> きわきわの細道を職人芸で
> 毎日運航している路線が
> 政令市レベルでも普通にあるというのに。

 そうなんですよね。
クルマが走行する道って、
ホントにいろんな道があるので、
自動運転で安全のためのマージンを取った
運転をさせようとしたら
絶対に通れない道って
全国には腐るほどありますからね。

 結局、
自動で走れる道というのは
おのずと限定されるというか、
逆に言うと、
限定しない限りは自動運転車を
実現させることはできない気がします。


> 部分自動運転にしても、
> 今度はどこまで自動に任せるかの
> 判断の問題になる。
> 俺様さんが言うとおり、
> 自動運転のポカに常時備えてる方が
> よっぽど神経遣う。

 自動運転の試験中のドライバーが、
いつでもすぐにハンドルが握れるように、
ハンドルのすぐ横に手をかざすように
構えている映像をテレビのニュースで
見たことがありますが、
あれ、何の拷問かと思いますね。
絶対に握ったほうが楽ですやん。(^o^;


> コンビニ特攻・高速逆走レベルの
> ドライバーにそんな神経
> 遣えるわけないでしょうね。

 まぁ大方は寝てるでしょうね。(^o^)


> いずれどこかのメーカーが
> 「自動運転は○○!」と言い出す前に
> 自動運転の限界とか責任について
> 周知しておかないとだめですね。

 テレビのニュースなどで
自動運転を取り上げたときの
スタジオの出演者のコメントなどを
聞いていると、どうも世間一般は
自動運転に安易な夢を見すぎのように
感じざるを得ないですね。(-_-)

 テレビ等のメディアは、
世間の人々が自動運転に
過剰な幻想を抱かないよう、
もっと実現の難しさや問題点について
繰り返し伝えてもらいたいですが、
今はその逆で、テレビなどが
今にも自動運転が実現しそうな幻想を
与えてしまっているように感じます。

2018-03-27 20:56 | from 辛口系男子(管理人) | Edit

Re: タイトルなし

辛口系男子(管理人)です。

> 自動運転車はおそらく
> 技術としては完成されても
> 一般には流行らないでしょうね。

 そもそも、どういう状態が
「完成」と呼べる状態なのか、
それが専門家や一般の各個人間で、
イメージがバラバラのような
気がしますので、
「自動運転が完成された」 
という状況をイメージすること自体が
難しい気がします。(^_^;


> 誰が責任を負うかにしたって
> 金持ちは運転手雇えばいいだけだし、

 どこかの自動車メーカーが
そんなようなことを
言ってましたね。(^_^;

(参考)
「ファントム(発表した新車)の顧客は
 たいてい運転手がいる。
 だから、(自動運転は)必須ではない」
http://tech.nikkeibp.co.jp/dm/atcl/column/15/071300118/00003/?P=2


> 今だって車を所有するよりは
> タクシーの方が
> コストパフォーマンスは良い訳です。

 ここは人によって意見が
分かれるところでしょうね。

 「自由度」を考えれば、
所有することの優位性は
圧倒的ですからね。


> わざわざそんなもの
> 高い金出して買いますか?
> 過疎地の定期バスくらいしか
> 使い道ないんでは?

 まぁ一般への普及の道のりは、
かなり険しいとは思いますね。
新しい物好きで、金銭的にも
かなり余裕のある一部の人だけが
飛びつくだけでしょうね。

 まぁ自動運転の完成度しだいでは、
「事故削減」という名目を盾にして、
なかばムリヤリに近い形で
自動運転車に置き換わるタイミングが
おとずれるかもしれませんが。(^^;

2018-03-27 20:20 | from 辛口系男子(管理人) | Edit

祝 1000人突破

こんな時にアレですが…
チャンネル登録者数1000人突破おめでとうございます!

2018-03-26 23:32 | from -

No title

極論かもしれませんが、歩車分離がされている車道上でひかれた場合は歩行者が全面的に悪いというようなことにして、歩行者側の安全意識を向上させないと自動運転は普及しないでしょうね。

自動運転車来てるけどあの距離なら止まってくれるから無理矢理横断したろ〰。みたいな人がいたら円滑な交通も安全も保障できませんから。

2018-03-26 04:51 | from - | Edit

結局、人が運転しようが機械が運転しようが事故は無くならないということかな。
もっと犠牲が必要であると…

上手いこと保険会社が食い付きそうだな。
『自動運転車専用保険』ってか()

2018-03-25 22:44 | from -

No title

電車や飛行機ですら完全自動運転にならないのに、車でできるとは思えない。
スーパーの袋とガチの障害物も見分けられないうちはお話にならない。
飛行機の歴史でいうならライト兄弟以前、鳥人間コンテスト状態。
路線バスですら、きわきわの細道を職人芸で毎日運航している路線が政令市レベルでも普通にあるというのに。
部分自動運転にしても、今度はどこまで自動に任せるかの判断の問題になる。
俺様さんが言うとおり、自動運転のポカに常時備えてる方がよっぽど神経遣う。
コンビニ特攻・高速逆走レベルのドライバーにそんな神経遣えるわけないでしょうね。
いずれどこかのメーカーが「自動運転は○○!」と言い出す前に自動運転の限界とか責任について周知しておかないとだめですね。

2018-03-25 14:46 | from - | Edit

自動運転車はおそらく技術としては完成されても一般には流行らないでしょうね。
誰が責任を負うかにしたって金持ちは運転手雇えばいいだけだし、今だって車を所有するよりはタクシーの方がコストパフォーマンスは良い訳です。
わざわざそんなもの高い金出して買いますか?
過疎地の定期バスくらいしか使い道ないんでは?

2018-03-25 09:04 | from -

Re: No title

辛口系男子(管理人)です。

> レベル5って言うのは
> 現在の自動車の最終型ではなくて
> 全然別の交通システムだと思います。

 そうなんですか?
定義としてはそこまで限定的な
定義はされてないと思いますが、
でも実際に完全自動運転を実現するには、
インフラの整備と
インフラとクルマ間の通信、
それが無いと無理な気はしますよね。

 そのへんの道を、
カメラやセンサやレーダーだけに頼って
完全自動運転で目的地までって、
まぁ無理ですよ、普通に考えて。(^_^;

 でも、
世間が求めてる、あるいは
想像してる完全自動運転って、
そういうことだと思うんですよね。


 例えば、

「おじいちゃん、
 おじいちゃんの家の前の道、
 自動運転じゃ通行できないから、
 自動運転で入ってこれるところに
 引っ越してちょうだい」

とかじゃなくて、
いま住んでるクソ狭い住宅地にある
自宅の前から自動運転車に乗れば、
自動運転で病院まで連れて行ってくれる、
みたいなことを
世間は期待しているように
感じるんですよね。

 無理やっちゅうねん。(^o^;


> だから道路というか
> 道も同時に開発されなくては無理で、
> 相当未来の話。

 それはもはやクルマじゃなくて、
目的地に移動するための
いわば「鉄道」に近いというか、
鉄道のパーソナル版みたいな
感じですよね。

 鉄道は決まった時間に
まとめて人を運ぶけど、
そうではなく、
時間の制限がなくなって
個人を運ぶ移動手段。
そのモビリティが通行するための
仕組みが組み込まれた道が
整備されている、みたいな。(^^)


> 自動車はあくまで人間が操作し、
> それを出来るだけ安全に
> サポートする様々な装置が
> 付いたものと思うので、
> 自動運転という呼び方は
> やめた方がいいと
> 個人的には思っています。

 俺様も「自動運転」という言葉は、
その道に携わる専門家以外の
一般の人たちには誤解を与える
表現だと思うので、
なんか違う言い方にすべきでは?
とは思いますね。

 でも、
せっかく違う呼び名を付けたとしても
その名前が長かったりすると、
結局はそう呼んでもらえなくて、
自動運転って呼ばれてしまうのが
オチなんでしょうけど。(^_^;

 「自動ブレーキ」だって、
そう呼ぶと誤解するバカがいるから
「衝突被害軽減ブレーキ」
という呼び名があるわけですが、
長いから結局は「自動ブレーキ」
って呼ばれてしまいますからね。
俺様も面倒なので
自動ブレーキって呼んでますし。(^_^;

2018-03-24 23:50 | from 辛口系男子(管理人) | Edit

Re: No title

辛口系男子(管理人)です。

> 飲酒運転やボケ老人、
> てんかんなどの精神病者、
> 単純に運転が下手すぎる人、、
> など普通に今も運転してますよね。
> そいつらに轢き殺されるのと、
> 自動運転に殺されるのと
> どっちが許せますかね?

 それは難しいですね。
事故が生じた時の状況によると思います。

「この状況じゃあ
 事故が起きても仕方ないよな」

と思えるかどうかですね。

「なんでこんな何でもない状況で
 事故起こすねん!」

と言いたくなるような状況なら、
どっちであろうと許せないです。(^o^)

 いろんなタイミングの悪い
偶然が重なったりすると、
事故はやっぱり起きますからね。

 たまに酔って車道に寝てて
ひき逃げされる事件とかありますが、
あんなの、轢き殺された奴より、
轢いたクルマのほうが
気の毒だと思いますモン。(^o^;


> 自分なら自動運転に殺される方が
> まだマシかなと思う。

 そこまで寛大にみんなが
自動運転を受け入れてくれるなら、
意外と早く完全自動運転車が
実用化されるかもしれませんね。(^o^)

 でも、実際に事故に遭うと、
やっぱり被害者の心情としては
納得できないだろうなぁ
という気がします。

「自動で人轢いてどないすんねん!
 そんな自動いらんわ!
 轢くぐらいやったら止まっとけやボケ!」

などと言われて元も子もない話になり、
事故を受けて「より安全に」が徹底され、
最高時速20kmしか出ないうえに、
何かあるとすぐに停止する、
ほぼ役立たずの自動運転車が
出来上がったりして。(^o^)


> 世の中、
> 運が悪い人はいくらでもいるわけで。
> まずは日本に産まれただけで
> どれほど幸運かわかってますかね?

 そこは正直、
俺様は日本よりもアメリカに
生まれたかったですけどね。(^^;

 日本語よりは英語のほうが
あちこちの国で通用するので、
英語が母国語のほうが何かと
便利だと思います。

 あと、何かやるにしても、
アメリカのほうが失敗に寛大というか、
やり直しがしやすい国だと思うので、
結構アグレッシブに生きられるかな、と。


> 要は自動運転によって、
> 交通事故の総数が減れば良いんです。
> 減れば。
> 今後、その可能性が高くなることは
> あっても低くなることはないでしょう。

 目的地に到着するまでの運転を
すべて自動運転が面倒を見てくれるなら
それはそうなのかもしれませんが、
それはまだまだ全然無理なレベルだし、
完全自動運転でない限りは、
しょっちゅうポンコツのドライバーが
運転操作を求められてしまいますからね。

 これから先、当分の間は、
事故を減らすのは自動運転というよりも
自動ブレーキやペダル踏み間違え対策などの、
「止める」もしくは「動かさない」技術
だと思います。

「一般道の公道での運転を
 自動に任せたほうが事故が減る」

と言えるようなレベルまで
自動運転が到達するのは、
気が遠くなるほど先の話だと
個人的には思っています。
高速道路限定なら、
そう遠くはないと思いますが。

2018-03-24 23:06 | from 辛口系男子(管理人) | Edit

No title

レベル5って言うのは現在の自動車の最終型ではなくて
全然別の交通システムだと思います。
だから道路というか道も同時に開発されなくては無理で、
相当未来の話。
自動車はあくまで人間が操作し、それを出来るだけ安全に
サポートする様々な装置が付いたものと思うので、自動運転
という呼び方はやめた方がいいと個人的には思っています。

2018-03-24 10:55 | from S

No title

飲酒運転やボケ老人、てんかんなどの精神病者、単純に運転が下手すぎる人、、など普通に今も運転してますよね。

そいつらに轢き殺されるのと、自動運転に殺されるのとどっちが許せますかね?自分なら自動運転に殺される方がまだマシかなと思う。

世の中、運が悪い人はいくらでもいるわけで。まずは日本に産まれただけでどれほど幸運かわかってますかね?

要は自動運転によって、交通事故の総数が減れば良いんです。減れば。今後、その可能性が高くなることはあっても低くなることはないでしょう。

2018-03-24 10:04 | from - | Edit

Re: タイトルなし

辛口系男子(管理人)です。

 皆さん、
たくさんのコメント、
ありがとうございます! (^_^)

 以下、まとめて返信します。(^^)


> 結局のところ、
> 電車の線路のように絶対に
> 人が入れないようにするしか
> 飛び出しなどの事故は
> 防げないと思います。

 まぁ急な飛び出しとか、
飛び込みなどの自殺行為は
どうしようもないですからね、
そういうのまで完全に防ごうと思ったら
おっしゃる通り、
人とクルマの通行領域を
完全に分けるしかないですね。
現実的ではないですが。


>> 人が一人死んだくらいで
> 暴言ですなぁ

 暴言といえば暴言かもしれませんね。

 でも、
完成していない自動運転車を
人が行き交う公道で試験走行させる
という行為は、
結局は生身の人間を実験台にして
技術を完成させようとしているのと
同じことだと思います。

 細心の注意を払って試験走行させる
という建て前はあるものの、
危険の伴う試験であることは確かであり、
犠牲者が出ることぐらいは
想定の範囲内のはずだと思うんです。

 そんな犠牲を生む可能性を
十分認識しつつも、
自動運転の実現に向けて
公道での試験走行という一歩を
踏み出したのなら、
一人死んだくらいで
ひるんではダメだと思うのです。
それぐらい、最初から
「あってもおかしくない」
と思ってたでしょ?
と言いたいわけです。

 この事故を糧にして、
より安全な自動運転車へと
性能を向上させていかなければ、
それこそ亡くなった人は
「死に損」だと思います。(-_-)


> そもそも辛口系様は
> 法整備云々の前に完全な自動運転車が
> 現実的に実用化される時が来ると思いますか?
> 私はノーなんですけどね。
> 開発者達は運転という行為を
> あまりにも簡単に考え過ぎなんではないのかな~
> などと思っています。

 俺様は正直なところ、
完全な自動運転車は、
高速などの自動車専用道路か、
限られたエリア内限定でしか、
実現できないのではないか?
と思っています。

 人やチャリが行き交う
一般道の公道を自由に走らせるのは
ちょっと難しすぎる気がします。
車線の無い道もいっぱいあるし、
人が歩いてる横スレスレを
通らないといけないほど
道幅の狭い道だって
いくらでもありますから。

 開発者たちも、
簡単には考えていないと思いますし、
むしろ開発者こそが、
その実現の難しさを一番よく
知っている、感じているはずです。

 たぶん、
完全自動運転の世の中は
あまりにも先の話過ぎるため、
あくまでも段階的に考えて、
自動運転のレベルを高めていこうと
しているだけだと思います。
今やってる実験がうまくいったら
次の段階、という感じで。


> クルマもメーデー!
> の世界になってきましたねぇ・・・

 ん?
すみません、
これは意味がちょっとよく
わかりませんでした。
勉強不足で申し訳ないです。(^_^;


> 人間が運転していて
> 死亡事故が全く無いならともかく、
> 現実的には多くの事故が起きています。

 そうなんです。
人の運転するクルマが死亡事故を起こしても
ちょっとニュースになる程度ですが、
それが自動運転、
しかも試験走行中での死亡事故となると、
とたんに自動運転に対して
否定的な意見が出てきたりするんですよね。(^^;


> おそらく原因を徹底的に調べても
> 「運転者が人間でも防げなかった
> 事故でありシステムの欠陥ではない。
> 事故の原因は相手側にある。」
> と結論付けられるでしょう。

 実際、
人間が運転していても
この事故は防げなかっただろう
といった旨のコメントが
出されてましたね。


> 事故映像見てもそう思いますもん。

 あの映像を見てると
そう思うかもしれませんが、
俺様は、少なくともドライバーが
前を向いて注意していれば、
もっと早くあの歩行者を
発見して減速および回避操作を
することができたと思っています。

 というのも、
ドライブレコーダーの映像ってね、
実際に肉眼で見てるよりも
暗く見えるんですよ。(^_^;

 俺様も一度、
夜の山道を走行中に
ドライブレコーダーで録画した映像を
パソコンで再生して
見たことがあるんですが、
映像見てビックリしましたモン。

めっちゃ暗闇の中を
ほとんど視界が無い状態で
ガンガン走ってるので。(^o^;

 その映像がこれです。
   ↓
●最終慣らしでシビック タイプRにちぎられる様子
https://www.youtube.com/watch?v=nVsfJE-BRQw

 0:55あたりから1:20ぐらいまで
ほとんどライトの照ってる狭い範囲以外、
ほとんど見えない状態ですが、
このとき、運転していた俺様の目には、
もっとちゃんと景色が見えていました。

 カメラの特性と肉眼の特性の
違いによるものだと思います。

 なので、
あの事故映像のはねられた歩行者、
映像では暗闇から突然現れたように
見えるのですが、
恐らくドライバーが前さえ向いていれば
肉眼では見えていたはずです。

 いずれにせよ、
あのドライバーの論外な不注意の前には、
何を言ったところで
言い訳にしかなりません。

「前を見てても防げなかっただろう」
と言っても、

「見てなかったのに、
 なんでそんなことが言えるねん!
 『だろう』でモノ言うな!
 見てたら防げたかもしれんやろ!」

って話に、
どうしてもなってしまうので。
そりゃあ、遺族の方にしてみれば、
そう思うのが普通だと思いますしね。(-_-;


> 法整備をする際には
> 過剰なまでの歩行者保護を
> やめることにも踏み込んでほしいです。
> それだけで自動運転は
> より「安全」な乗り物になります。

 確かに、
歩行者は保護されすぎですね。
だからこそ「当り屋」という
商売が成り立つのですから。(^o^;


> MTだと手足を使うから、
> より運転に集中出来る
> メリットがあると思う。

 MT車は楽しいですけどね、
渋滞するとダルいんですよね、
特に急な上り坂で渋滞とか最悪。(^o^;

 MT車は運転に集中できる、
というよりは、今となっては
「MT車は運転を楽しみたい人
 のためのクルマ」
になりつつあるので、
運転に集中せざるを得ないというか、
集中しなきゃ意味ないですからね。(^o^)


> 私がわざわざMTに乗ってるのは
> より運転に没頭出来て、
> ほんの通勤の間だけでも
> 車に乗ってる時間は普段の生活での
> 悩みやストレスを束の間
> 忘れられるからだと思う。

 きっといいクルマに
お乗りなんでしょうね。
同じMTでも、軽トラとか軽ワゴンだと
余計にストレスたまるだけですからね。(^o^)

2018-03-23 22:33 | from 辛口系男子(管理人) | Edit

MTだと手足を使うから、より運転に集中出来るメリットがあると思う。

私がわざわざMTに乗ってるのはより運転に没頭出来て、ほんの通勤の間だけでも車に乗ってる時間は普段の生活での悩みやストレスを束の間忘れられるからだと思う。

2018-03-23 18:20 | from

No title

人間が運転していて死亡事故が全く無いならともかく、
現実的には多くの事故が起きています。
おそらく原因を徹底的に調べても「運転者が人間でも防げなかった事故でありシステムの欠陥ではない。事故の原因は相手側にある。」と結論付けられるでしょう。
事故映像見てもそう思いますもん。
法整備をする際には過剰なまでの歩行者保護をやめることにも踏み込んでほしいです。
それだけで自動運転はより「安全」な乗り物になります。

2018-03-23 18:03 | from -

No title

クルマもメーデー!の世界になってきましたねぇ・・・
もっとも、その産業は完全自動化にみずからブレーキをかけているわけですが・・・

2018-03-23 17:36 | from なの森

そもそも…

こんにちは、そもそも辛口系様は法整備云々の前に完全な自動運転車が現実的に実用化される時が来ると思いますか?私はノーなんですけどね。開発者達は運転という行為をあまりにも簡単に考え過ぎなんではないのかな〜などと思っています。

2018-03-23 14:05 | from -

No title

>人が一人死んだくらいで

暴言ですなぁ

2018-03-23 12:25 | from あなたの試乗レビューは好きですが。

結局のところ、電車の線路のように絶対に人が入れないようにするしか飛び出しなどの事故は防げないと思います。その線路ですら勝手に入って跳ねられてるよくわからない人もいるというのに…

2018-03-23 10:32 | from 太朗

トラックバック

http://karakuchikei.blog.fc2.com/tb.php/211-86006093