【試乗動画】 トヨタ クラウン 2.0 S - 辛口クルマ批評



俺様のYouTubeチャンネル、
karakuchikeiはこちら!
     ↓
  

【試乗動画】 トヨタ クラウン 2.0 S


crown_2r0_s_rent.jpg

試乗車の概要


年式2018年式
走行距離1050km
車名クラウン
グレード2.0 S
駆動方式FR
トランスミッション8速AT
装着タイヤトーヨータイヤ
PROXES R47(215/55R17)
型式3BA-ARS220-AEZMZ
排気量2.0リッター(ターボ)
最高出力245ps/5200-5800rpm
最大トルク35.7kgf・m/1650-4400rpm
車両重量1700kg
試乗日2018年7月23日

新型クラウンのすべて

価格:540円
(2018/7/3 20:51時点)


 2018年6月にフルモデルチェンジされた
トヨタのクラウン(2.0ターボ)について、
試乗動画を撮影し、
動画内でインプレッションをコメントした。

 以下にその動画を公開する。

●関連記事
トヨタ クラウン モデルチェンジ情報




試乗インプレッション


定番試乗コース編



 乗り心地はなめらかで、
足回りがよく動いており、
車体の上下動や突き上げ感を抑えている。

 急坂での加速力も十分。

ノーマルモードでの急加速では
シフトダウンに少々手間取るが、
レスポンス自体は悪くない。

 ロードノイズも静かで、
エンジン音も静か。

通常の走行での普通の加速時には
ターボの「ヒューン!」という音が
支配的によく聞こえる。

 急な切り返しをしても
不要なロールをしない、
しっかりした足回り。

柔軟かつスポーティーな走りにも
対応できる足回りだが、
エンジン音の音質は
あまりエモーショナルな感じではなく、
乾いた感じの音で、ちょっと残念。


山道編



 コーナリングは安定している。

速めの速度でコーナーに突っ込むと
多少は外に流れていくが、
アンダーステアでもオーバーステアでもなく、
ニュートラルな特性なので、
コントロールしやすく、安心感がある。

 山道の上りでコーナーを抜けてからの
急加速もラクラクとこなす動力性能。

 荒れた路面でも挙動を乱さず、
狭い道でも狙った通りにトレースできる。


内装編



 基本的に全体としての質感は高いが、
クラウンとしての「華」が無く、
随所で質感の詰めが甘い。
価格を考えればもうちょっと
頑張ってほしかった内装、という感じ。

 まずステアリングからして残念。
カローラスポーツとほぼ同じ。
ステアリングスイッチの操作感も悪く、
中央の王冠マークも小さくなった。

テレスコ調整の幅も、
シートの調整範囲を考えれば
もうちょっと手前まで引けるように
すべきではないか、と。

 ダッシュボードの柔らかさに対して、
ドア内張りの上部の硬さは
もうちょっと何とかしてほしい。

 ルームミラーが手動防眩。
ここはぜひ自動防眩にしてほしかった。

 後席はボディサイズの割には
広いとは言い難い。
特に頭上スペースの余裕はほとんどない。


総評・・・★★★☆☆


 動力性能は十分。

 乗り心地も良い。

 内装の質感も全体的には良い。

 特に、乗り心地の良さを確保しつつ、
スポーティーな走りにも対応可能な
しっかりした足回りとシャシー性能は、
高く評価できる部分と言える。

 しかし、
スポーティーな走りを楽しむには
盛り上がりに欠けるエンジン音が残念。

一方で、
高級車としての走りを楽しむには、
走り以前に内装に華がなく、
乗り込んだ瞬間に得られる満足感
みたいなものが足りない。

レクサスを意識した(としか思えない)
中途半端な手の抜き方が、
伝統的な日本の高級車「クラウン」を
求める人たちの目に、どう映るのか。

クルマとしての素性は良いと思うだけに、
もったいないと思う。



-------------------------

★庶民の方々へ忠告!

クルマの乗り替えを検討している方へ。

もしあなたにとって、
数十万円というお金が
小さなお金ではないのなら、
ディーラーの下取りに出す前に
必ず買取店の一括査定を
実行して下さい。


俺様も利用している無料一括査定サービス



俺様の経験上、業者によって
査定額に数十万円の差が
つくことはザラにあります!


ディーラーの言い値で
下取りに出したりしたら、
それこそ数十万円単位の損
をすることになりかねません。

買取店の一括査定で
最も高い値段をつけた業者に売れば、
買い替え候補のクルマだって
1ワンランク上のグレードが
狙えるかもしれませんよ!



-------------------------

★目次リンク
  → 試乗記の目次

************************
30代以上のサラリーマンの方へ。
俺様は動き出しました。あなたもそろそろ。(-_-)
 → クルマが好きだから、そろそろ人生の軌道修正
************************


コメント
非公開コメント

Re: 乗り心地について

辛口系男子(管理人)です。

> いつも楽しく拝見してます。

 恐縮です。

カチンときながら読んでいる人も
多いであろうブログなだけに、
楽しく見て頂いているとは
大変うれしく、光栄に思います。(^o^;


> 新型クラウンは乗り心地を
> 高く評価されているように
> お見受けしますが、

 はい、そうですね。

さすが、
新しいプラットフォームで、
しかもニュルを走りこんで
仕上げたというだけに、
乗り心地が良いだけでなく
スポーティーな走りにも
かなり対応できる足になってます。(^_^)


> 以前乗り心地で好評価だった
> インプレッサと比較すると
> どのような違いがあり、
> どちらが好印象なのでしょうか?

 はっきり言って今回の新型クラウン、
いわゆる一般的に言う
「乗り心地の良さ」に関しては、
インプレッサに匹敵する
レベルに仕上がっています。
これはもう、甲乙つけがたい。(^^;

 ただ、
インプレッサは街乗り試乗でしか
試せていないのに対して、
新型クラウンは山道も走らせたので、
その乗り心地をさらに幅広い
シチュエーションで評価できています。

 その結果として、
新型クラウンの乗り心地は、
コンフォート&スポーティー、
これを非常に高い次元で両立できている
ということがわかりました。

 インプレッサがスポーティーな走行で、
新型クラウンと遜色ないレベルまで
到達しているのかどうか、
それは正直、
俺様がインプレッサに試乗した際の
「街乗り試乗」だけではわかりません。


 そこをふまえて、
どちらが好印象かと言えば、
幅広いシチュエーションで試せた
新型クラウンのほうが確実であり、
また、その重量からくる重厚感は
やはりインプレッサよりも上です。

 なので、
単純に乗り心地だけの評価をすれば、
重厚感も加味して新型クラウンに軍配、
ということになるかと思います。

 しかし、
インプレッサとクラウンでは
あまりにも価格に差があります。(^_^;

それを考えると、
やはりインプレッサは
出来栄えから考えれば
かなりのバーゲンプライス
と言って間違いないでしょう。


 インプレッサとクラウンの
乗り心地の違いについてですが、
先に触れた通り、
クラウンの方が車両重量が重いこともあり、
重厚感はインプレッサよりも
さらにプラスされています。

ただ、
実際の車両重量の差や、
価格の差を考えれば、
その差からイメージするほどの
重厚感の差はありません。


 あとは
ホイールベースの長さに差があるので、
新型クラウンのほうがピッチングは
感じにくいです。

が、
これも実際にその差を感じるような
シチュエーション(路面状況)は、
それほど多くありません。


 俺様が試乗して得た情報だけで、
言えるのはこれぐらいです。

つまり、両者に大きな差はなく、
乗り味としては似ています。

これは恐らく、
各社の次世代プラットフォームが、
(スバルはSGP、トヨタはTNGA)
なんだかんだで同じ方向性で
レベルが高められているからだと
思います。
(もちろん、各社それぞれ
 ウチはここが違う!
 という言い分はあるでしょうけど)

2018-08-05 21:13 | from 辛口系男子(管理人) | Edit

乗り心地について

いつも楽しく拝見してます。
新型クラウンは乗り心地を高く評価されているようにお見受けしますが、以前乗り心地で好評価だったインプレッサと比較するとどのような違いがあり、どちらが好印象なのでしょうか?

2018-08-05 03:02 | from れれれのれ

Re: No title

辛口系男子(管理人)です。

> 420iがもうそろそろ車検だと思うのですが
> 乗り続けるか乗り換えか考えていますか?

 はい。
まだ結論は出てませんけどね。

本当はもうちょっと早く
動くはずだったんですけどね。(^^;


やはりクラウンのターボに乗らずには
決められない!ということで、
レンタカーが登場するのを待っていて
遅くなってしまったり、
忙しくて見積り集めのディーラー回りが
予定より少し遅れていたり、
予定外の入院をしたり
(もう退院しましたが)などで、
ちょっと決断が遅れてます。(^_^;

2018-08-04 20:17 | from 辛口系男子(管理人) | Edit

Re: どういう車にしたいのか?

辛口系男子(管理人)です。

> 高級セダンに関しては、
> 大雑把に言うとBMWの様なスポーツセダンか、
> ロールスロイスの様な後席に乗車した人間が
> 快適にすごせる上質なサルーンかの
> 2タイプがあると思います。

 まぁざっくり分ければそうですね。


> トヨタの場合、センチュリーは
> 明確に後者型であるのに対し、
> レクサスのセダンは前者の方向を
> 目指しているんと思うんです。

 はい、これもまぁ
ざっくり、の話ではありますが、
確かにその傾向ですよね。


> それに対して、
> 今のクラウンは方向性が
> 中途半端になっているのでは
> ないでしょうか。

 確かに、
試乗記にも記した通り、
「中途半端」という印象は
拭えないものがありますね。(-_-)


> 主さんの過去記事を読むと、
> 昔クラウンに乗って感動した時は
> 後席にのっていたらしいので、
> サルーン的な乗り味に
> 感銘を受けたと思うんですが、

 後席にも乗りましたが、
助手席にもよく乗りました。(^_^)

確かに、
当時はサルーン的な走り、
その抜群の快適性に憧れたものです。


> ご自分で車を所有されるようになった現在は、
> 当然全席で運転する側になっているので、
> 過去の記憶と現在の実感との間に
> その部分での齟齬が多少あるのでは
> ないでしょうか?

 昔のキャラクターを
今のクラウンに求めても
それはもう無理だとは思ってます。

 なので、
当時のクラウンの快適性そのものを
今のクラウンに求めてるわけでは
ないので、そこに齟齬があっても
それは仕方がないと割り切っています。

 ただ、
憧れの「クラウン」ですから、
「俺様を憧れさせるにふさわしいレベル」
の仕上がりでなければならない、
そう考えているのです。

 そして今回の新型。

乗り心地の仕上がりは、
昔の古典的高級車の乗り味とは
全く異なるものの、
クラウンを名乗っても恥ずかしくない
非常にレベルの高い仕上がりだと
思います。

 しかし静粛性や内装に関しては、
悪くはない、悪くはないんですが、
「クラウン」としては
中途半端な気がして。。。(-_-;


 このタイミングで思い切って
買ってしまうべきなのか、
次の新型に期待を持ち越すのか、
難しいところです。(^_^;

近年の傾向を見てると、
待って良くなる部分もあれば、
逆に悪くなる部分もあるので、
この調子だとこの先も期待できないのでは?
とも思ったりもして。(^o^;

2018-08-04 20:03 | from 辛口系男子(管理人) | Edit

No title

420iがもうそろそろ車検だと思うのですが乗り続けるか乗り換えか考えていますか?

2018-08-02 21:03 | from -

どういう車にしたいのか?

高級セダンに関しては、大雑把に言うとBMWの様なスポーツセダンか、ロールスロイスの様な後席に乗車した人間が快適にすごせる上質なサルーンかの2タイプがあると思います。
トヨタの場合、センチュリーは明確に後者型であるのに対し、レクサスのセダンは前者の方向を目指しているんと思うんです。
それに対して、今のクラウンは方向性が中途半端になっているのではないでしょうか。主さんの過去記事を読むと、昔クラウンに乗って感動した時は後席にのっていたらしいので、サルーン的な乗り味に感銘を受けたと思うんですが、ご自分で車を所有されるようになった現在は、当然全席で運転する側になっているので、過去の記憶と現在の実感との間にその部分での齟齬が多少あるのではないでしょうか?

2018-08-02 11:04 | from 通りすがり

トラックバック

http://karakuchikei.blog.fc2.com/tb.php/229-8269c17a