【試乗記】 日産 スカイライン 200GT-t Type P - 辛口クルマ批評

俺様のYouTubeチャンネル、
karakuchikeiはこちら!→



【試乗記】 日産 スカイライン 200GT-t Type P

SKYLINE_200GT-t_Type_P.jpg

試乗車の概要


車名スカイライン
グレード200GT-t Type P
駆動方式FR
トランスミッション7速AT
型式DBA-YV37
排気量2.0リッター(ターボ)
最高出力211ps/5500rpm
最大トルク35.7kgf・m/1250-3500rpm
車両重量1680kg
車両本体価格421万2000円(税込)
試乗日2015年5月29日

新型スカイラインのすべて

価格:514円
(2016/8/26 10:18時点)


 2014年2月にフルモデルチェンジされた
スカイラインは、当初ハイブリッドのグレードしか
存在していなかったが、5月、2リッターターボを
搭載したグレードが追加発売された。

 俺様はすでにハイブリッドモデルもターボモデルも
試乗済みではあるが、いずれのモデルも、
「Type SP」しか試乗したことがない。

 これまでの試乗結果を考慮すると、
俺様の愛車候補になるとすれば
ターボモデルの中間グレード「200GT-t Type P」
が有力ではないかということで、 今回の試乗に至った。
(Type SPとはタイヤサイズが異なるため)

 以下に、率直なインプレッションを述べる。

 なお、各評価項目については「200GT-t Type SP」
との差分についてのみ言及する。

●関連記事
日産 スカイライン モデルチェンジ情報
【試乗記】 日産 スカイライン 200GT-t Type SP
【試乗記】 日産 スカイライン 350GT ハイブリッド Type SP
【エクステリア編】 日産 スカイライン (2014年モデル)
【インテリア編】 日産 スカイライン (2014年モデル)
【デザイン総括】 日産 スカイライン (2014年モデル)





試乗インプレッション


【注意!】当ブログの試乗記の見方について

動力性能・・・★★★★☆


 「200GT-t Type SP」と同様。

 ただし、ハンドリングについては
不思議と明確な違いを感じた。
スペックや装備的には、Type SPは19インチ、
Type Pは17インチという違いしかないのだが。。。

 結論から言うと、「200GT-t Type SP」よりも
ダルめなハンドリング。

 先に試乗済みの「200GT-t Type SP」の
ハンドリングも、スポーティーなクルマとしては
決してクイックと呼ぶほどではなく、
試乗前にイメージしていた特性と実際の反応に
あまり差がなく、ごく自然なハンドリングだった。

 それに対し、今回試乗した「200GT-t Type P」は、
ハンドルを切った瞬間にダルめな特性だと感じた。

 サルーン的なキャラのクルマであれば
このハンドリング特性でも違和感は無いのだが、
「スカイライン」というクルマのキャラを考えると、
このハンドリングはちょっとイメージに合わない
という気がする。


 高速域ならともかく、街乗りの速度域であっても
ハンドルの切り始めの部分、中立位置前後での
操舵感が重めでズッシリしている。
その割にはハンドリングがダルめなので、
何とも特性がチグハグな感じがする。

 「200GT-t Type SP」ぐらいのハンドリング特性なら
それでも良い、いや、むしろこれぐらい重めの方が
フラフラしなくて好ましいと思うのだが、
「200GT-t Type P」のダルめなハンドリング特性で
この操舵感だと、微妙な修正舵を加える際に
都合が悪いのだ。

 つまり、重めなハンドルをちょっと切った
ぐらいでは車両があまり反応しない(方向を変えない)
ので、少し多めにハンドルを切ることになるのだが、
ハンドルが重いのでビミョーに疲れるのだ。

 日産こだわりの電動油圧パワステだが、
熟成度はまだイマイチと言わざるを得ないだろう。

 まったり走る分には問題ないと言えば問題ないが、
スポーティーな走行でビミョーなコントロールを
要する際には、不向きな特性だと思う。
あるいは、「Type SP(19インチ)」を基準に
特性がセッティングされているのだろうか?


 と、予想もしていなかったところで
「200GT-t Type SP」との違いを感じたわけだが、
まぁ俺様としては許容の範囲内。
変に軽くて手応えのない、安っぽい感触の
ステアリングよりは、安心感があって全然マシだ。


乗り心地・・・★★★★☆


 今回の試乗で確かめたかったのは乗り心地。

 というのも、「Type SP」は19インチで、
今回の「Type P」は17インチだから。

 4つ★をつけた「Type SP」だったが、
今回乗った「Type P」も同じく4つ★。

 17インチになればもっと柔らかい感じに
なるんじゃないかと思っていたが、意外にも
19インチの「Type SP」とほとんど差を
感じなかった。

 固さという点ではしっかりした感触で、
剛性感のあるスポーティーなクルマらしい感触。

 なので、第一印象は「固い」と感じるのだが、
いろんな路面の状況(荒れ具合や段差)に対して、
常に衝撃がまろやかに丸められている。


 今回、担当営業マンのご厚意で、
「お一人で乗ってきて頂いていいですよ」
ということで、試乗としては長めの時間(1時間)
お借りしたため、いろんな路面状況で試せたのだが、
常に乗り心地が破綻せずに走行できていたのが
印象的だった。


 他車との比較で表現するならば、
レヴォーグ(ビル足のGT-S系)よりは
ショックの感触そのものは柔らかめだが、
揺れの収束の早さは若干ながら遅めかな。

 レガシィB4よりはやや硬質な感触だが、
揺れの収束はやや早い。

 アクセラほどのしなやかさは無いが、
アクセラよりも明確に路面をなめる感触に
重厚感がある。

 スイフトと比べると・・・、
って、ごめんなさい、比較になりません。
そもそも値段が違いすぎますから、
レベルが違いすぎるのは当り前ですね。(^o^;

 でもそう考えると、車両価格が半額のアクセラが
スカイラインと対等に乗り心地を比較できるレベル
にあるというのは、スゴイ事だと思いますね。(^^;


居住性・・・★★☆☆☆


 「200GT-t Type SP」と同様。


静粛性・・・★★★★☆


 「200GT-t Type SP」と同様。

 前回の「200GT-t Type SP」に試乗した際に
気になったコールドスタート時の感触を
再度確認したかったのだが、残念ながら、
ディーラーを出る前の信号待ち合流で
5分近くアイドリングさせられてしまったため、
試すことができなかった。

 まぁ通常の走行においては、あからさまな
急加速をしない限りは静かだし、
ロードノイズも気にならないレベルだし、
基本的な静粛性は高い。


 ワイルドなエンジン音(排気音)を
わざと聞かせようとしているところがあるため、
意識的にエンジンを回すと勇ましい音が
侵入してくるのだが、これに関しては
人によって好みが分かれるところだと思う。

 俺様としては、コールドスタート時はともかく、
通常走行時の加速時のエンジン音は、
チャチな感じでもなくレーシーな感じで、
嫌いじゃあないね。

 まぁでも、この音を楽しんで走るのであれば、
ハンドリングのアンバランスさは気になるが。(^o^)


内装質感・・・★★★★☆


 「Type SP」は、インパネやシフト周り、
ドアトリムが本アルミフィニッシャーなのだが、
今回試乗した「Type P」ではガンメタリック塗装の
フィニッシャーになる。

 この質感の差はけっこうデカい。

 とはいえ、本アルミがいい感じすぎるだけで、
ガンメタ塗装のフィニッシャーでも決して
安っぽい感じはしないので、4つ★は充分に
与えられるレベルだと思う。

 まぁでも、シートも標準で本革シートだし、
フィニッシャー以外の部分については
「Type SP」と同様だ。


装備・・・★★★★☆


 「200GT-t Type SP」と比べると、

 ・パドルシフトが無い
 ・内装のフィニッシャーが本アルミじゃない
 ・ペダルがアルミペダルじゃない
 ・フロントバンパーがスポーツバンパーじゃない
 ・ホイールが17インチ

という違いがあるが、まぁ★の数を減らすほどの
大きな差ではないだろう。


カーステ音質・・・-----


 ハイブリッドに試乗した際に確認したのと同じ
標準オーディオ装備車だったため、
チェックしなかった。

 俺様がこのクルマを買うとしたらぜひ付けたいと
思っている、オプションのBoseを搭載した車両だと
ありがたかったのだが・・・。

 まぁ日産車では2度、Boseのオプションを
付けて購入しているが、いずれもハズレは
なかったので、今回もわざわざ聴かずとも
期待を裏切らない出来だろうとは思うが。


総評・・・★★★☆☆


 今回、「200GT-t Type SP」とのタイヤサイズの
違いによる乗り心地の差を確かめるために
試乗したものの、意外なことにハンドリングにも
明確な差を感じたわけだが、まぁそこは意外ながら
許容の範囲内。

 そして、乗り心地に関しても、
全く問題ないことが確認できた。

 とはいえ、各項目の厳密な評価としては、
内装と装備で「200GT-t Type SP」よりも
少々劣るため、車両価格も安くなるとはいえ、
お買い得感としてはあまり差がないのかなぁ、
という気もする。

 あとは購入交渉で、値引きをどれぐらい
してもらえるのかというところだが、
いかに値引きしてもらったところで、
総合的なポイント的に「レガシィ B4 Limited」や
「アクセラ スポーツ 15S Touring」を
超えるのは難しいのではないかという気がする。

 ただそのへんは、実際に交渉してみないと
相手(他の愛車候補車)の値引き条件も
その時その時(時期、タイミング)によって
変わってくるので、完全に候補から消すのは
もったいない、というところだ。

 なにしろ、カッコいいんですよね、このクルマ。
今日も試乗する前に眺めたけど、フロントの
彫刻のような精悍さが何とも言えず俺様好みだ。
そう簡単に候補から消すわけにはいかない。


 というわけで、
とりあえずは愛車候補としてキープ、
といったところですね。(^_^)




************************
30代以上のサラリーマンの方へ。
俺様は動き出しました。あなたもそろそろ。(-_-)
 → クルマが好きだから、そろそろ人生の軌道修正
************************

★目次リンク
  → 試乗記の目次


コメント
非公開コメント

はじめまして

こんにちは
いつも拝見させていただいています
マイチェン後のフーガの試乗の予定はないですか?

2015-05-30 15:09 | from おふーが

Re: はじめまして

辛口系男子(管理人)です。

> マイチェン後のフーガの試乗の予定はないですか?

 残念ながら、その予定はないですね。

 マイナーチェンジではよほどのことがない限り
対象にならないモンで。(^_^;

2015-05-31 19:05 | from 辛口系男子(管理人) | Edit

下取り価格が異常に低いのはなぜ?

俺様さん、こんにちわ。

スカイラインはなかなかいい車ですよね。
私の候補車の一つだったのですが、値引きが渋くて断念しました。

ところで、トヨタのサイトで2015年式の下取り参考価格を調べましたら、下記の通りでした。

・スカイライン200GT-t Type P・・・99万円(新車価格421万円)
・レガシィアウトバックLimited・・・264万円(新車価格340万円)
・アクセラスポーツ20Sツーリング・・・188万円(新車価格243万円)

昔から日産車は下取りが低いということはありましたが、現モデルのスカイラインは異常に低いと思います。
何か特別な事情があるのでしょうか?

2015-06-11 00:22 | from 山ボーイ

No title

山ボーイさん

気になって見てみましたが2014年式で246万でしたよ
いくらなんでも99万はないでしょw

2015-06-11 14:40 | from V37

Re: No title

辛口系男子(管理人)です。

 山ボーイさん、
トヨタのサイトの下取り参考価格、
オモロいの見つけましたね。(^_^)

> ところで、トヨタのサイトで2015年式の
> 下取り参考価格を調べましたら、下記の通りでした。
>
> ・スカイライン200GT-t Type P・・・99万円(新車価格421万円)
> ・レガシィアウトバックLimited・・・264万円(新車価格340万円)
> ・アクセラスポーツ20Sツーリング・・・188万円(新車価格243万円)
>
> 昔から日産車は下取りが低いということはありましたが、
> 現モデルのスカイラインは異常に低いと思います。
> 何か特別な事情があるのでしょうか?

 上記コメントを見て驚き、
俺様もそのサイト見てみましたが、

「流通台数の少ない車種・グレード、年式の
 クルマについては、実勢価格と大幅に
 かけ離れる場合がございます。」

と書かれてあるので、単に相場がわからんので
テキトーな金額が表示されてるだけだと思います。

 逆に言うと、そういうテキトーな金額が
表示されるようなクルマについては、
買い取る気が無いということだと思います。

 中古車屋は、オークションの相場を参考に
買取価格を決めているので、出回ってなくて
相場のわからないクルマは値段をつけにくく、
嫌う傾向があります。
(実際、アテンザを手放す際、
 まだ1年も経ってなかったため、
 相場のデータが少ないということで、
 メチャクチャな低価格を提示してきて、
 事実上、買取を拒否してきた業者が
 ありましたから。)


> 山ボーイさん
>
> 気になって見てみましたが2014年式で246万でしたよ
> いくらなんでも99万はないでしょw

 V37さん、
それがね、昨日サイトを見た時は
ホントに「99万円」って表示されてましたよ。(^o^;

 いま見たら200万円台の後半あたりの額に
なってるみたいですけどね。
(まぁその金額でも、業者から見たときに
 かなり安全圏の低価格な提示だと思いますけどね。)

 とにかく、中古市場にまだほとんど
出回ってないクルマについては、
まったく参考にならないと考えていいと思います。

2015-06-11 15:42 | from 辛口系男子(管理人) | Edit

No title

ディーラーの下取り安いんですよね
去年現行クラウンの見積もりで200系のクラウン下取りの見積もり頼んだのですが130万でした
買い取り持って行ったら190万で買ってくれました

2015-06-11 16:34 | from V37

V37スカイラインは、従来の武闘派のスカイラインらしさは無くなりましたが、外観も格好いいし、内装もスポーティーで気分が上がる、良い車ですね。

女性もそうですが、見た目がドストライクなら多少の性格の難も我慢出来るから、総合評価無視して買っちゃうのもありかもしれませんよ。

日産ブランドの車種と違い、インフィニティブランドの車種は、雑誌やネットで見ると、魅力的な車種が多いのに日本向けにはフーガとスカイライン以外、展開しないのが残念ですよね。

2015-06-11 22:40 | from アクセラユーザー

No title

Y51フーガ 250GT
V37スカイライン 200GTT
この2車種を次期候補にしようと考えています。

エンジン音は、V6のフーガのほうがよいと思いますが、街乗りならスカイラインターボですかね?

通勤と月1.2回の県外ドライブで使用するとしたらどちらがオススメですか?

2015-06-12 01:57 | from -

Re: No title

辛口系男子(管理人)です。

> ディーラーの下取り安いんですよね
> 去年現行クラウンの見積もりで
> 200系のクラウン下取りの見積もり頼んだのですが130万でした
> 買い取り持って行ったら190万で買ってくれました

 そうなんですよね。
確かに経験上、下取りはほぼ確実に
買取店より安いです。

 メンドクサイからか、下取りに出す人も
多いと思うんですが、それで数十万円レベルで
損をしているケースは多数あると思います。

 ただし、買取店によっては
ディーラーの下取りより安い場合もあります。

 やはり少しでも高く売ろうと思うと、
複数の業者に見積りしてもらわないとダメだ
ということは、経験上断言できます。

 複数の業者と1つ1つ連絡を
取るのは面倒だと思っている人も
多いのかもしれませんが、
最近は車買取の一括比較
(このブログにも広告貼ってますが)
といったサービスもあり、
利用すれば向こうから連絡が来るので、
実は意外とラクチンです。

 下取り派の多くの人々に、
実はいかに損をしているかを
知って頂きたいですね。

2015-06-14 00:13 | from 辛口系男子(管理人) | Edit

Re: No title

辛口系男子(管理人)です。

> Y51フーガ 250GT
> V37スカイライン 200GTT
> この2車種を次期候補にしようと考えています。

 これはなかなか、
明確にキャラの異なる候補ですね。(^^;


> エンジン音は、V6のフーガのほうがよいと思いますが、
> 街乗りならスカイラインターボですかね?

 エンジン音はどちらが良いかは
好みの問題が大きいでしょうね。

 フーガ250GTのエンジン音は、
スポーティーとは異なる
大人しい感じのエンジン音です。
いい音と言えばいい音なのかもしれません。

 ただ、俺様個人的には、
フーガ250GTのエンジン音は
重厚感に欠けるため、フーガとしては
少々物足りない音だと感じました。

 一方のスカイラインターボは、
明確にスポーティーをアピールする
エンジン音です。
俺様的にはキャラ的にこの音は
スカイラインに合ってると思うし、
なかなか良いと思っています。


> 通勤と月1.2回の県外ドライブで
> 使用するとしたらどちらがオススメですか?

 コンフォートな雰囲気や走りをお求めなら
フーガ250GTですが、スポーティーさをお求めなら
スカイラインですね。

 ただ、
フーガはマイナーチェンジしたばかりとはいえ、
基本設計は2009年のモデルです。
当然、燃費はスカイラインターボのほうが良いです。
ボディの振動もスカイラインのほうが
抑えがきいています。

 それに、フーガはもうじきフルモデルチェンジ
してもおかしくない時期にさしかかっていますので、
買って間もなく「旧型」になるのがイヤなら、
スカイラインを買うべきかと思います。

 まぁ普通に考えると、スカイラインターボを
買ったほうが良いと思いますけどね。
あくまでも個人的には。(^^)

2015-06-14 00:56 | from 辛口系男子(管理人) | Edit

No title

スカイラインHVの加速力は、魅力的ですが一発で速度違反になりそうですね・・・。

V36のレンタカー試乗予定は、なしですか?

2015-06-19 19:07 | from -

Re: No title

辛口系男子(管理人)です。

> スカイラインHVの加速力は、魅力的ですが
> 一発で速度違反になりそうですね・・・。

 まぁ街中を普通に走ってると
なんだかもったいないという気が
してくるかもしれませんね。

 でも、どんな状況でも、少し踏んだだけで
スッと力強く加速してくれる感触は、
スピードを出さずとも気持ちのいいものでは
ありますけどね。(^^)


> V36のレンタカー試乗予定は、なしですか?

 V36は、2006年の発売当初にすでに試乗済みです。

 なので、試乗記は存在してるのですが、
ブログを始めるよりだいぶ前だったし、
だいぶ古いので、今さらアップする意味もない
ということで、ブログにはあげていないだけです。

 ちなみに俺様が乗ったのは、
初期型の350GT TypeSPでした。
350GT系は、その後のマイナーチェンジで
エンジンが3.7リッターに変わって
とっくの昔に370GTに変わっていますが。

2015-06-20 07:17 | from 辛口系男子(管理人) | Edit

No title

こんにちは
田舎住みなもので道がでこぼこしてる所が多いです
スカイライン200GT-t Type PとBMW3シリーズ比較した場合
道が悪い場所走った場合どちらが突き上げや横揺れが少ないでしょうか?

2015-06-21 13:24 | from おふーが

Re: No title

辛口系男子(管理人)です。

> スカイライン200GT-t Type Pと
> BMW3シリーズ比較した場合
> 道が悪い場所走った場合
> どちらが突き上げや横揺れが少ないでしょうか?

 3シリもスカイライン200GT-t Type Pも、
「突き上げ」というような
ショックは感じないですよ。

 ただ、街乗りの速度域の場合、
やや3シリのほうが荒れた路面での
車体の上下動は感じますね。
でも、ハンドリングは3シリのほうが
明確に好フィーリングでスポーティです。

 横揺れに関しては
どちらも気になりません。
ぜんぜん問題なしです。

 スポーティさをお求めなら、
3シリのほうが総合的な完成度が高いです。

 スカイライン200GT-t Type Pは
コンフォートとスポーティが
少々アンバランスに混じってるので、
スカイラインを買うのであれば
少々高いですが「Type SP」にしたほうが、
総合的な特性のバランスが良く、
結果的に満足度は高いかと思います。

2015-06-22 16:49 | from 辛口系男子(管理人) | Edit

こんばんは。

はじめまして。

私も新型スカイライン超大好きです♪
贅沢ですが、350ハイブリッドに黒革シート
、サンルーフ、BOSEサウンドがついたモデルがいいです。

VQエンジンのサウンド官能的で好きです(^o^)

2015-06-24 22:12 | from みち

トラックバック

http://karakuchikei.blog.fc2.com/tb.php/67-8046babd